Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/07/29 (日)
2012年2回新潟6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス1秒1。直線1000mは土日ともにマイナス0秒2だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておく。雨の影響を受けた2日目以外はマイナス1秒0前後の速い時計の出やすいコンディション。なお直線1000mについては、2日目を除くとマイナスゾーンだが、水準に近いレベル。
数値的には微差とは言え、先週土曜はこの開催で最も時計の出やすいコンディションだった。前2週よりも馬場が軽くなったと言うか、それなりの瞬発力だけでは如何ともしがたい位置取りの差・コース取りの差が結果に反映した様に思った。逃げ切り勝ち3鞍の他、先行・好位組の連対占有率が高く、中団・後方に位置した馬同士で決着したのは土曜9R外回り1800m戦だけだった。コース取りに関しては、どの差し馬が内を回って来るか読み切れないものだが、先週新潟に参戦した岩田騎手などは、かなり戦略的に、4コーナーではインコースを意識して乗っていた様に見えましたし、実際好成績を残していた。
ダート
1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がマイナス0秒2。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒7だった。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておく。1800mは初日は時計が掛かっていたが、2日目以降は水準かやや速いレベルで大きな動きはない。1200mの方も初日は時計が掛かっていた。ただ、2日目以降は速い時計の出やすいコンディションが続いている。
1800mは数値的にはほぼ水準レベルだが、乾燥度合いのレベルで言うと2週目より先週の方がよりパサパサのコンディションだったかなという印象。一方1200mの方が2日目以降やや時計の出るコンディションが続いている。脚質傾向として、好位組の優勢というのは新潟コースらしい傾向と言える。ちなみにだが、日曜3Rの1着イルポスティーノは502キロ、日曜10R1着のエーシンジェイワンは540キロだった。前回の放送で取り上げたデカイ馬というところで、今回2頭が2鞍で、逃げ切り勝ちを収めていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-07-29  芝=-1.1 / 直=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1400 ナカナカ    セ2 未勝利 1:22.4 -0.6 +0.2   C C
5R T1400 シャスターデイジー    牝2 新馬 1:22.4 -0.8 ±0   C C
6R T1800 チャードリー    牝3 未勝利 1:47.6 +0.1 +0.3   C B
7R T2400 パッションダンス    牡4 500万下 2:26.2 -0.3 +0.8   D B
9R T1600 エアワンピース    牝4 豊栄特別1000 1:32.8 -0.5 ±0   C C
11R T1800 スマートシルエット    牝5 NST賞 1:46.0 +1.6 +1.7   S D
12R T1000 スターゲイジング    牝3 500万下・牝 0:54.9 -0.4 -0.2   C D

2012-07-29  ダ=-0.2 / 1150m=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1200 ダンシングミッシー    牝3 未勝利・牝 1:11.5 -1.1 -0.4   B C
3R D1800 イルポスティーノ    牡3 未勝利 1:53.7 -0.4 -0.2   C D
8R D1200 タニセンジャッキー    牡3 500万下 1:10.7 -1.2 -0.5   B B
10R D1200 エーシンジェイワン    牡4 岩室温H1000 1:10.4 -0.9 -0.2   C C

         

■ワンポイントアドバイス
もっとメジャーに!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。