Victory Road

アダルト動画

2012/08/04 (土)
2012年1回札幌5日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒9、日曜がマイナス1秒8だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、先週土曜、つまり5日目までマイナス1秒9、6日目はマイナス1秒8とかなり速い時計の出やすいコンディションが続いている。
高速馬場で、もろもろの傾向も変わらずと言ったところ。流れ次第では、速い上がりを要求されて、位置取りよりは瞬発力の方が重視される状況。先週は所謂内々3番手であるとか、それに準ずるパターンの好位組の連対も目に付いた。土曜8R1着のメイショウヤタロウ、土曜10R1着アットウィル、日曜1R1着のセイウンチカラ、日曜6R2着ビーチパレードなどがこれに当たる。さらに日曜の9R1200m戦では、内目を回って捌いて来た馬と外を回って差して来た馬の明暗というのがくっきり別れていた。つまり、馬場コンディションはまだまだ良好という部類だと思う。日曜の10Rと12Rが一見外差し馬場に移行するかの様な決着だったが、これらは共にタイムランクEで、レース上がりも平凡だった。なお、今週もう1週Aコースが使用され、2回開催はCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒2だった。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、水準に近いレベルではあるが、1週目と3週目はプラスの数値。2週目はマイナスの数値。ただ、3週とも同じ週では土日とも同じ馬場差。また、初日は1700mと1000mで時計の出方が比例せず、馬場差を分けている。その初日は1000mの方が時計が出やすいコンディションだった。
以前にも触れた様に、昨年夏の傾向も踏まえれば、プラス0秒2は良馬場の基準値に近い数値。また、先週も2週目と同様1000mと中・長距離戦で馬場差を分ける必要はなかった。極端な偏りもなく、連対馬脚質は引き続き前めの馬が優先となっていた。先週の1700m戦というのは割と淡々とした流れの競馬が多くて、レース上がりが速くなる事もあったが、それと連対馬脚質については、明確にこうという関連性はなく、どちらかと言うと能力的な問題の方が大きかったと見ている。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-08-04  芝=-1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1500 バルダメンテ    牡3 未勝利 1:29.5 -1.0   C D
5R T1500 タマモコンパス    牡2 新馬 1:31.5 +0.2   E D
6R T2000 コスモアウリンコ    牡3 未勝利 2:00.8 -2.5   B D
8R T1800 メイショウヤタロウ    牡4 500万下 1:49.4 +0.2   D D
10R T1500 アットウィル    牡2 クローバ 1:29.8 -0.1   S D
11R T2600 ルルーシュ    牡4 札幌日経 2:38.8 -1.6   C E

2012-08-04  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1700 ディーエスコマンド    牡2 未勝利 1:49.1 +0.9   D D
2R D1700 ケイツークロート    牝3 未勝利・牝 1:48.2 +1.0   D D
4R D1700 キングモンブラン    牡3 未勝利 1:47.5 +0.3   C D
7R D1000 メイショウフォロー    牡3 500万下 0:59.8 +0.7   D D
9R D1700 アールシネマスタア    牡4 500万下 1:46.0 +0.1   C C
12R D1700 エアハリファ    牡3 オーロラ1000 1:45.1 ±0   C C

         

■ワンポイントアドバイス
小倉巧者で様々サマー!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。