Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/08/05 (日)
2012年2回小倉4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒9、日曜がマイナス1秒8だった。ここまで4日間はかなり速い時計の出るコンディションで行われている。
かなりの高速馬場。今週も雨の影響がない限りは速い時計の争いだろう。なお、土曜のレースを見ていると開幕週と比較して前めに位置した馬の方が、頑張っているなぁと見ていたが、日曜は連対馬14頭の内、半数の馬7頭は中団・後方に位置していた馬。要はペースや展開次第で、時計が速いから前に行く馬でないとダメという発想はしない方が良いと思う。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておく。0秒1ずつ遅くなっているというのは、案外珍しいかもしれないが、その事自体には大きな意味はなくて、1週目より先週の方が少し時計が掛かったと捉えておけば良いと思う。
連対馬の大半は好位組だった。能力的なものもあるが、後方からでも早めに動いて行けば、間に合うという馬場だった。先々週同様、逃げ・先行が断然有利という事はなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-08-05  芝=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1200 マルシゲサムライ    牡2 未勝利 1:08.9 -0.7   D D
3R T1800 ナリタプリムローズ    牝3 未勝利 1:47.3 -0.9   D E
5R T1800 カラフルブラッサム    牝2 新馬 1:50.4 +1.4   S C
6R T1200 スイートドーナッツ    牡2 新馬 1:10.2 +0.4   E D
9R T2000 スペシャルピース    牝4 足立山特500 2:00.3 +0.4   S D
11R T2000 エクスペディション    牡5 小倉記念HG3 1:57.3 -0.5   E D
12R T1200 アンバルブライベン    牝3 小郡特別500 1:07.5 -1.0   C D

2012-08-05  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1700 シゲルリンゴ    牝3 未勝利・牝 1:46.3 -0.4   C D
7R D1000 イイデカントリ    牝3 未勝利 0:59.1 -0.2   C D
8R D1700 コウエイチャンス    牡3 500万下 1:45.0 -0.4   C C
10R D1700 マイネルバイカ    牡3 響灘特別1000 1:45.0 +0.4   E C

         

■ワンポイントアドバイス
小倉巧者で様々サマー!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。