Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/08/12 (日)
2012年1回札幌8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒7、日曜がマイナス1秒6だった。まずここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒9でスタートし、8日目がマイナス1秒6ですからかなり速い時計の出る馬場が維持されている。
先週は金曜の夜中に少し雨が降ったが、馬場への影響はほとんどなくて開催進行につれてほんの少しだけ時計が掛かる様になっているとは言え、今年の札幌は高速馬場のまま安定しているというのが実状。ただし、開催が進むにつれて少しずつ外を通る馬が届くようにはなっている。今週からCコースに移るので、先週より馬場差がマイナス方向に動く可能性はあるが、先週の時点で内がそれほど傷んでいないので、函館がAコースからBコースに替わった時の様な、劇的な変化はないはず。ちなみに函館のBコースというのはAコースから4m外に仮柵を設置するのだが、札幌はCコースでもAコースから外に3mにすぎない。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、週によって数値は異なり、2週目はマイナス0秒2だが1回開催を通じて、水準に近いレベル。また4週とも土日では同じ数値。なお、開催初日だけは1700mと1000mで時計の出方が比例せず、分けて表示している。
こちらも金曜夜中の雨はほとんど影響せず、先週の馬場差は先々週とほぼ同じだった。芝ほどではないが、開催を通じて馬場差は水準前後で安定していた。先週は4コーナー4番手以降から差して勝ったのは1頭だけで、4コーナー2番手以内の馬が2着以内に入らなかったレースはない。っと言っても行った行ったという結果ばかりではないが、差すにしてもマクって4コーナーで前に取り付いてないと厳しい、要するに普通の札幌ダートだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-08-12  芝=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1800 マコトタンホイザー    牡2 未勝利 1:51.6 +0.7   E D
3R T1200 ヤマニンネレイス    牝3 未勝利 1:09.3 -1.2   C D
5R T1800 コディーノ    牡2 新馬 1:52.9 +1.7   S C
6R T1200 アポロヌリー    牡2 新馬 1:11.0 -0.1   E D
9R T1500 ダンツミュータント    牡3 インディ500 1:28.8 -0.8   D C
11R T1200 シュプリームギフト    牝4 UHB賞H 1:08.1 -0.5   D E
12R T2000 メーヴェ    牝4 マレーシ1000 2:00.3 -1.1   C C

2012-08-12  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1700 カチューシャ    牝3 未勝利・牝 1:47.0 -0.2   C E
4R D1700 アポロダッシュ    牡3 未勝利 1:47.4 +0.2   C D
7R D1000 パワフルラリマー    牝3 500万下 0:59.6 +0.5   D D
8R D1700 イッシンドウタイ    牡3 500万下 1:46.1 +0.2   C D
10R D1000 ホクトキングダム    牡4 マカオジ1000 0:59.0 +0.5   D C

         

■ワンポイントアドバイス
中京芝1400mで負けた馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。