Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/08/18 (土)
2012年2回小倉7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒1だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値。この内前半4日間はかなり速い時計の出るコンディションだった。
先週がAコース連続使用の4週目だったが、馬場差は雨の影響が残っていた6日目とほぼ同じだった。また、先週2日の間にどんどん外差し傾向にシフトして行き、日曜の後半は完全な外差し馬場となっていたが、今週と来週はBコース。という事は、先週の傾向とは異なるはず。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、6日目まではマイナスゾーンだったが、先週はプラスの数値となった。
突然としか言いようがないが、事実として先週は時計の掛かる馬場状態になっていた。その原因だが、推測だが1週前に大量に雨が降って、その後に乾いていくうちに馬場が変貌したという事だと思う。特に1700mだが、皆がバテてラスト200mの時計が掛かっているという事が多かったが、その時に後ろの馬も一緒にバテてしまって、結局上がりは掛かっているけど前残りというレースが多かった。これで10年以上前の懐かしい小倉ダート、こういうレースが多かったが、そういう光景が繰り広げられていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-08-18  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1200 ジェネクラージュ    牡2 未勝利 1:08.7 -0.9   C C
2R T1800 フジノストロング    牡2 未勝利 1:49.3 +0.6   S D
4R T1200 タニノマイルストン    牝3 未勝利 1:08.2 -1.0   C D
5R T1200 ラヴァーズポイント    牝2 新馬・牝 1:09.2 -0.6   C D
7R T2000 スリーアフロディテ    牝3 未勝利・牝 1:59.8 -1.3   C D
9R T1800 サイドアタック    牡4 筑後川特500 1:47.1 ±0   D D
10R T1200 メイショウツガル    牡4 八幡特別500 1:07.6 -0.9   C C
12R T1200 ファーマクリーム    牝4 500万下・牝 1:07.7 -0.8   C D

2012-08-18  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R D1000 ニホンピロプアラニ    牡3 未勝利 0:59.3 ±0   B E
6R D1700 ヴァンヘルシング    牡3 未勝利 1:47.0 +0.3   B D
8R D1700 ベクトル    牡3 500万下 1:46.6 +1.2   D C
11R D1700 ダイヴァーダウン    牡3 TVQH1000 1:46.2 +1.6   D D

         

■ワンポイントアドバイス
2歳未勝利戦の初ダート
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。