Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2012/08/26 (日)
2012年2回札幌4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。ここまで8日間の芝の馬場差を振り返るとマイナス1秒台が続いている。しかも2回開催初日を除くとマイナス1秒9からマイナス1秒6の間でかなり速い時計の出るレベル。なお、2回札幌は3週の開催で、今週が最終週となる。
芝に関しては木曜の雨の影響はなかった様で、先々週の日曜とほぼ同じ馬場差だった。Cコース2週目で内が傷んでおらず、外からの差しは効かなかった。今週も雨の影響が無ければ、マイナス1秒5ぐらいの高速馬場で、なおかつ外からの差しは最終週であっても難しいと思う。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒6だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1回開催後半は水準レベルとは言え、プラスの数値だった。しかし2回開催に入ってマイナスの馬場差となった。特に先週は今年の札幌では最も時計の出やすいレベルになった。
木曜日に雨が降って、金曜日の正午の時点では稍重だった。その影響が残っていた様で、先週土曜日は今年の札幌では最も速い時計が出る状態だった。乾いた日曜は水準方向に動いたが、それでも速めの時計が出る馬場状態だった。土曜日の全ての勝ち馬と、日曜日の勝ち馬6頭中5頭は4コーナーで3番手以内だった。全体的にレベルが高めだった事もあり、勝ちきるには前につけていないと厳しかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-08-26  芝=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1200 トーセンマグナム    牡3 未勝利 1:09.2 -1.3 -0.3   B C
5R T1200 コトブキゴールド    牡2 新馬 1:11.2 +0.1 +1.1   E D
8R T1800 ニシノジャブラニ    牡4 500万下 1:48.9 -0.3 +0.2   C D
9R T1200 ブランダムール    牝3 十勝岳特500 1:08.5 -1.3 -0.4   B C
11R T1200 パドトロワ    牡5 キーンラG3 1:07.6 -1.0 ±0   C C
12R T1800 ビービージャパン    牡3 ライラッ1000 1:47.6 -0.9 -0.1   C C

2012-08-26  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1000 ハンサムザムライ    牡2 未勝利 0:59.6 -0.7 -0.3   B D
2R D1700 コーラルグリッタ    牝3 未勝利・牝 1:46.7 -0.5 +0.1   C D
4R D1700 ダイコクイモン    牡3 未勝利 1:47.3 +0.1 +0.7   D D
6R D1700 カチューシャ    牝3 500万下 1:45.9 ±0 +0.1   C D
7R D1000 ケビンドゥ    牡3 500万下 0:58.8 -0.3 +0.1   C D
10R D1700 フィールザラブ    牝3 報知杯H1000 1:44.7 -0.4 +0.2   C C

         

■ワンポイントアドバイス
平坦短距離のダート→芝

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。