Victory Road

アダルト動画

2012/09/09 (日)
2012年4回中山2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス2秒7だった。
春開催が毎週の様に雨に祟られていたために、芝がどこまで復元できるか若干の心配もあったが、復元どころか上のうえに上の字がつく程の高速馬場。荒れた箇所の広範囲を張り替えを行って野芝のみの開催という事で洋芝を除去して、さらに降雨が続いた事で野芝の生育も例年以上に旺盛だったんだと思う。馬場差のマイナス2秒7は土日を通しての数値。昨年の開幕週を振り返ると、土曜がマイナス2秒2、日曜がマイナス2秒0だった比較からも今年がいかに速い馬場かがわかる。レコードも3鞍記録されていた。全般にペースの流れたレースが多かったという事もあって、馬場が速いからと言って前が止まらないという感じはしなくて、差し馬もよく届いてはいた。しかし、内を通った馬と、外を回らされた馬との差は顕著に出ていて、枠順の差が明暗を分ける事が多かった。今週の3日間競馬までがBコース、3週目・4週目はCコースに移るが、良馬場で行われる限りこの傾向は続くと思われる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がプラスマイナスゼロ。1200mは土曜がマイナス0秒5、日曜がプラス0秒2だった。
中間火曜日にまとまった雨が降って、木曜日にも降雨があった。このために土曜は稍重発表。足抜きがよく、水準よりも速い時計の出やすい馬場だった。これは1800m・1200mともに同じ状況。その後好雲もあって、かなり乾燥して行き、日曜は1800mがほぼ水準。1200mは水準より少し時計のかかる馬場となっている。脚質的な偏りは極端にはないが、日曜の方が時計が掛かった分、差し・追い込みが効きやすくなってはいた。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-09-09  芝=-2.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1200 モンマックス    牡2 未勝利 1:08.7 -1.5 +0.1   C D
2R T1800 クレバーユニバース    牡2 未勝利 1:51.4 +1.3 +2.6   S E
4R T2000 ダンシングハバナ    牡3 未勝利 2:00.0 -2.7 ±0   C B
5R T1600 スマートルピナス    牝2 新馬 1:37.2 +0.6 +1.9   S D
8R T2000 セイクリッドロード    牡3 500万下 1:59.0 -2.6 -0.4   B D
10R T1200 ニシノステディー    牝4 セプテン1600 1:06.9 -1.5 +0.1   C C
11R T1600 レオアクティブ    牡3 オータムHG3 1:30.7 -2.5 -0.3   C D

2012-09-09  ダ=±0 / 1200m=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R D1200 ウエスタンスマイル    牡3 未勝利 1:12.9 +0.3 +0.1   C D
6R D1800 ポルスターシャイン    牡2 新馬 1:58.1 +1.3 +1.3   E D
7R D1800 オメガフレグランス    牝5 500万下・牝 1:53.9 -0.1 -0.1   C E
9R D1800 ニシノオウガイ    牡4 鋸山特別1000 1:53.8 +0.6 +0.6   D D
12R D1200 フレンチミシル    牝4 500万下 1:12.3 +0.4 +0.2   C D

         

■ワンポイントアドバイス
中山は内っかわ天国

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。