Victory Road

アダルト動画

2012/10/27 (土)
2012年4回東京8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス0秒9だった。なお、開幕週が3日間開催だったので、先週は土曜が8日目日曜が9日目となる。まず、ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差でマイナス1秒台かマイナス1秒に近いレベルで、速い時計の出やすいコンディションだった。
時計の出方に関しては、Bコース初日の土曜は1週前よりも速い時計が出る様になったが、日曜は雨の影響で土曜より時計が掛かった。それより重要なのはBコースに移って、どうやら内が有利になった様だという事。土曜日がもの凄く先行有利だったように見えるのは、3レースを除いて全てスローペースだったためだが、日曜も外からの差しは届きにくかった。今週と来週もBコース使用だが、このまま内有利の傾向が続くのかどうか注目。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がマイナス0秒3だった。まずはここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、週によってあるいは開催日によって時計の出方は違うものの、水準前後で大きな動きはなかった。
土曜は1週前の7日目と同じ馬場差だったが、日曜は雨の影響でマイナスゾーンに入った。土曜はかなりの前残り傾向だったが、これはスローが多かった事もあって、日曜日は普通のペースになれば、差しが届いていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-10-27  芝=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1600 ヒシラストガイ    牡2 未勝利 1:35.0 -1.1 -0.3   C D
3R T2000 ダービーフィズ    牡2 未勝利 2:01.5 -1.0 +0.2   C D
5R T1600 ヒラボクディープ    牡2 新馬 1:39.1 +2.7 +2.4   S D
6R T1400 プリンセスカママル    牝2 新馬 1:24.4 +0.8 +0.8   S C
9R T2000 メイショウカドマツ    牡3 精進湖特1000 2:00.2 +0.1 +0.3   C B
10R T1400 ブラボースキー    牡4 神奈川H1000 1:21.6 -0.1 +0.1   C D

2012-10-27  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1600 ステラジアン    牡2 未勝利 1:39.5 -0.5 -0.5   B D
7R D2100 クリティカルヒット    牡3 500万下 2:13.2 +1.0 +1.0   E D
8R D1600 サトノプライマシー    牡3 500万下 1:38.7 +0.7 +0.4   D C
11R D2100 バックトゥジエース    牡5 赤富士H1600 2:10.9 +0.5 -0.2   C C
12R D1400 エフティシュタルク    牡4 500万下 1:25.0 +0.1 +0.1   C D

         

■ワンポイントアドバイス
西園厩舎の短距離新馬戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。