Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012/10/27 (土)
2012年4回京都8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒2からプラス1秒0へと変動した。なお4回京都も開幕週が3日間開催でしたので、先週は土曜が8日目日曜が9日目となる。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、8日目つまり先週土曜までは全てマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだったが、日曜は時計が掛かって行った。
土曜は1週前の6日目・7日目と同じ馬場差だった。その土曜は逃げた馬がほとんど3着以内に残っているが、ペースが先行馬向きだったレースが多かったためで、内側にグリーンベルトがあるとか、そういう馬場ではないと思う。土曜の夜から日曜の午前にかけて雨が降って、日曜の馬場差は変動だった。1Rの時点で土曜より時計が掛かるようになっていて、マイナス0秒2。そこから徐々に時計が掛かる様になって、6Rはプラス0秒8。午後は雨が止んでいたので、10Rから12Rまでは全てプラス1秒0だった。日曜は雨の影響で土曜と同じ馬場状態ではなかったが、ある程度のペースなら外からの差しが可能だった。今週からBコースに移りますし、なおかつ先週の日曜日は雨の中での競馬だったので、馬場の傾向が変わる可能性がある。日曜後半の感じだと、Bコースに移っても外差しは効きそうだが、今週土曜の馬場は注意深く観察したい。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒7からマイナス1秒2へと変動した。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、2週目だけはプラスゾーンで少し時計が掛かっていた。また3週目は土日で開きがあり、先週は日曜の方がいっそう時計が出やすくなった。
土曜は雨の影響なんか受けていないはずだが、先々週の日曜よりマイナス方向に動いた。その土曜はいつにも増して、前残りという傾向だったが、これはスローペースが多かった事もある。土曜の夜から日曜の午前中まで雨が降って、日曜は2Rの時点で土曜より速い時計が出る状態になって、馬場差はマイナス0秒7。そこからさらに高速化したが、7R以降は雨が止んでいたので、7R以降は一定で7Rから9Rまでは馬場差はマイナス1秒2だった。日曜は土曜よりも差し馬の好走は多かったが、これは馬場が変化したためと言うよりは、土曜とは地がってスローペースがなかったためだと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-10-27  芝=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1400 エーシンサファイア    牝2 未勝利 1:21.6 -1.1 -0.4   B D
3R T1600 アーマークラッド    牡2 未勝利 1:35.8 +0.2 +0.8   D C
5R T2000 テイエムダイパワー    牡2 新馬 2:04.2 +1.6 +1.6   S C
8R T2400 ピクシープリンセス    牝4 1000万下 2:25.1 -1.0 -0.4   C D
9R T1800 インパラトール    牡2 萩S 1:48.3 +0.7 +0.9   S D
11R T1400 グランプリボス    牡4 スワンSG2 1:20.5 +0.2 +0.6   D C

2012-10-27  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1800 フミノファルコン    牡2 未勝利 1:55.1 +0.5 +1.0   E D
4R D1400 マイアイポイント    牡2 新馬 1:27.0 +0.8 +1.2   E D
6R D1400 ユウキマリアッチ    牝4 500万下・牝 1:24.4 -0.1 +0.3   D D
7R D1900 トウショウヘイロー    牡3 500万下 2:00.9 +1.7 +1.9   E C
10R D1200 スリーボストン    牡5 西陣SH1600 1:10.0 -0.7 -0.4   B C
12R D1200 ビナスイート    牝3 1000万下 1:10.6 -0.7 -0.4   B C

         

■ワンポイントアドバイス
西園厩舎の短距離新馬戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。