Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2012/10/28 (日)
2012年4回新潟6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0日曜がマイナス0秒8からマイナス0秒4へと変動。直線1000mは土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。まずは、ここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、4日目と6日目は雨の影響でマイナス1秒台ではなかった。また、直線1000mは水準より少し速いか水準だった。
中間に雨が降っていて、土曜のダートは稍重だったが芝は良馬場だった。時計の出方も3日目と大差なく雨の影響は受けていなかったと思われる。日曜日は昼から雨となってずっと良馬場ではあったが、馬場差は変動だった。1Rと2Rはマイナス0秒8で、その後10Rはマイナス0秒6、11Rがマイナス0秒5、12Rがマイナス0秒4だった。なお、日曜の直線1000m対象の馬場差は変動になっていないが、これは言うまでもないが、直線1000mのレースが1つしか行われていないため。土曜は外からの差しが決まっていたが、日曜になると内も外も同じように傷んでいたようで、外を通る馬が伸びるという訳ではなかった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒9。1200m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1だった。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1800mは時計の掛かるコンディションだったが、プラス1秒0前後で時計が掛かるなりに安定していた。1200mは1週目はやや時計が掛かり、2週目以降は水準レベルだった。
中間の雨で土曜は稍重、さらに日曜は昼から雨が降ったため土曜と日曜は同じような馬場差となった。新潟にしては差し馬が上位に来る事が多かったなぁという印象があるが、勝ち馬に関しては大半は逃げ・先行馬だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-10-28  芝=-0.8 → -0.4 / 直=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1600 レッドマニッシュ    牝2 未勝利・牝 1:35.6 +0.5 +0.6   D D
2R T1400 マンドレイク    牡2 未勝利 1:23.0 +0.1 +0.7   D D
8R T1000 シンワクイーン    牝3 500万下 0:55.3 ±0 ±0   C D
10R T2400 タガノレイヨネ    牡3 雨飾山特500 2:26.6 +0.1 +0.1   C C
11R T2000 デルフォイ    牡6 魚沼S1600 1:58.8 +0.2 -0.2   C C
12R T1600 タマモマーブル    セ4 平ヶ岳特500 1:33.8 -0.1 +0.2   C B

2012-10-28  ダ=+0.9 / 1150m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R D1200 アイスメアー    牝4 500万下・牝 1:12.1 +0.2 +0.3   D D
4R D1800 ゴールドロジャー    牡4 500万下 1:54.5 +1.7 +0.4   D E
5R D1200 シュトラール    牡2 新馬 1:11.4 -1.9 -1.8   A D
6R D1800 スリータイタン    牡3 500万下 1:55.0 +2.2 +1.3   E D
7R D1200 ノボピュアリティ    牝3 500万下・若 1:11.8 -0.1 ±0   C D
9R D1800 ディアフォルティス    牡4 500万下 1:54.2 +1.4 +0.5   D E

         

■ワンポイントアドバイス
西園厩舎の短距離新馬戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。