Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2012/11/10 (土)
2012年5回京都3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス0秒7でスタートしたが、終盤は設定不能だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、基本的にはマイナス1秒台の速い時計の出るレベルだが、前開催9日目と先週日曜は雨の影響を受けた。
土曜は先々週とほぼ同レベルの速い時計の出るコンディションだった。しかし日曜は朝の時点でマイナスゾーンとは言っても、雨の影響は受けて土曜よりもやや時計の掛かるレベル。その後雨が降り続いて、特に終盤は強く雨の影響を受けた。従って馬場差は9R時点でプラス1秒5、その後は設定不能とした。連対馬の脚質・コース取りは前へ行って粘る馬も居れば、差して来る馬もいた。また、内を通る馬もいれば、外から伸びてくる馬もいたが、日曜は雨の影響で内めが荒れて、エリザベス女王杯の頃になると、外が優勢になっていた。今週からの2週はCコースが使用される。雨の影響を受けなければ、馬場差はマイナス方向に戻るでしょうし、上位馬の傾向も変わってくるかもしれない。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒5からマイナス1秒5へと変動した。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値ではあるが、週によってあるいは開催日によって時計の出方が異なり、雨の影響を受けた前開催9日目と先週の日曜は後半マイナス1秒台となった。
まず土曜についてはマイナス0秒1と水準レベルとなり、先々週よりも時計は掛かっていた。しかし、日曜は雨の影響を受けて足抜きが良くなっていった。1Rの時点でも土曜より後になるほど速い時計が出やすくなり、特に12R時はかなり速い時計の出るレベルになった。脚質傾向は前につけている馬、特に日曜は全てのレースで逃げ馬が連に絡んでいた。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-11-10  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1400 サイモンラムセス    牡2 未勝利 1:21.7 -1.0 -0.2   C C
4R T2000 セレブリティモデル    牝2 未勝利 2:03.3 +1.0 +1.5   S C
5R T1600 ディープサウス    牝2 新馬 1:36.9 +1.0 +1.1   S C
9R T1600 ダノンプログラマー    セ6 修学院S1600 1:34.1 +0.8 +0.8   D C
10R T2200 エアソミュール    牡3 比叡S1600 2:14.0 +1.6 +1.8   S D
11R T1400 サウンドリアーナ    牝2 ファンタG3 1:20.8 -1.2 -0.4   B C
12R T1600 ダノンウィスラー    牡4 1000万下 1:33.9 ±0 +0.5   D C

2012-11-10  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1400 ダブルファンタジー    牝2 未勝利・牝 1:26.7 +0.7 +0.8   E D
3R D1800 スズカアドニス    牡2 未勝利 1:55.9 +1.3 +1.4   E E
6R D1200 ベストウォーリア    牡2 新馬 1:12.7 -0.6 -0.5   B D
7R D1200 キクノフレヴァン    牡6 500万下 1:11.9 ±0 +0.1   C C

         

■ワンポイントアドバイス
ブライアンズタイムへの感慨
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。