Victory Road

DMM.make DISPLAY

2012/12/23 (日)
2012年5回中山8日目

■馬場コメント
 先週は3日間開催で、芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒4からプラス2秒1へと変動、日曜がプラス0秒1、月曜がプラスマイナスゼロだった。まず4週間の馬場差を振り返っておくと、前半2週は速い時計の出るレベルだったが、後半2週は雨の影響を受けた。特に最終週の先週は土曜はプラス1秒を超える数値。日曜と月曜は水準レベルの馬場差となった。
 まず雨の影響を受けた土曜はかなり時計の掛かる馬場だった。後半のレースになればなる程時計が掛かるようになって行った。そして日曜は、馬場が回復して水準レベルで推移した。脚質的には好位・中団から差して来る馬が有利だった。ただ、馬場の内側が傷んでいるが、先々週のように差し有利という感じではなくて、レースによっては逃げ馬も粘っていた。最終週になって脚質による有利・不利がない馬場になったのは、ちょっと意外だった。
 月曜芝の馬場差はプラスマイナスゼロだった。馬場が回復して、馬場差は水準レベルに戻った。先にも言ったが、最終週になって脚質による有利・不利がない馬場になったのは意外だった。なお、年明けは3週の中山開催あるが、全てCコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒7からマイナス1秒5へと変動、日曜がマイナス1秒1、月曜がプラス0秒1。1200m対象の数値は、土曜がプラスマイナスゼロからマイナス1秒2へと変動、日曜がマイナス0秒7、月曜がマイナス0秒4だった。まずは4週の馬場差を振り返っておく。1800mは3週目まではほとんどプラスゾーンだったが、4週目は雨の影響を受けた。特に土曜後半から日曜は脚抜きの良いコンディションだった。1200mはやや速めの時計が出るか水準レベルで推移していたが、こちらも先週土曜後半から日曜は脚抜きが良くなり、速い時計の出るコンディションだった。
 土曜は雨の影響を多分に受けた。雨量が増して脚抜きが良くなって、後になればなる程時計が速くなって行った。日曜は前日の雨の影響が残って、土曜後半ほどではないにしろ終日時計の出やすい馬場だった。脚質的には特に目立った傾向はなかったが、ペースが速くなるレースが多かった分、差しも届いていた印象。
 月曜の馬場差は1800m対象の数値がプラス0秒1。1200m対象の数値はマイナス0秒4だった。月曜は馬場が回復した事で前日までと比べて時計が掛かった。っと言っても1200mはマイナスゾーンですし、1800mもほぼ水準に近いレベルだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2012-12-23  芝=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1800 ポップジェムズ    牡2 未勝利 1:51.0 +1.0 +0.3   C C
7R T2000 サトノネプチューン    牡2 ホープフ 2:01.6 -0.1 -0.6   B D
8R T2500 マイネルメダリスト    牡4 グッドH1000 2:34.4 -0.1 -0.2   C C
10R T2500 ゴールドシップ    牡3 有馬記念G1 2:31.9 -0.9 -1.0   A B
11R T1600 フラワーロック    牝4 ノエル賞1000 1:35.1 +0.7 +0.6   D C

2012-12-23  ダ=-1.1 / 1200m=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 スズノニシキ    牡2 未勝利 1:12.4 -0.6 +0.1   C D
3R D1200 ジャングルターザン    牡2 新馬 1:12.8 -0.4 +0.3   D D
4R D1800 ワンダーロード    牡2 新馬 1:54.7 -1.8 -0.7   B D
5R D1200 フォルテリコルド    牡3 500万下 1:11.4 -0.5 +0.2   C D
6R D1800 トウショウクラウン    牡4 1000万下 1:52.0 -1.2 -0.1   C C
9R D1800 ツクバコガネオー    セ4 師走S1600 1:52.0 -0.4 +0.7   D C

         

■ワンポイントアドバイス
続・阪神ダート考察
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。