Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/01/26 (土)
2013年2回京都1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒4だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、1回開催前半は水準レベルとは言え、マイナスゾーンだったが5日目以降はプラスの数値となっている。
 先週からBコースに替わった事で1回開催最終週と比較すれば、時計は出やすくなった。この後2回開催最終週まで、このままBコースが使用される。
 先々週の後半のレースの時点で指摘があったと思うが、Bコース替わりの先週も同様と言うか、まだ外差し馬場へ移行しつつある段階で、今は割と公平なコンディションではないかと見ている。例えば、先週で言うと日曜10Rを勝ったメイショウカドマツ。直線入り口でドーンと後ろを突き放して、そのまま押し切る競馬。実は前開催でグリーンベルトがまだあった時というのは、こういうのが、力が抜けてなくても結構バンバン決まっていた。ただ、先週に関してはメイショウカドマツぐらいの馬でないと、そういう芸当ができなくなっていると。という事はすなわち、グリーンベルトがなくなって来て、どちらかと言えば、マクり差しと言うのか、早めに動いて4コーナーで射程圏に入って来る差し馬の方がちょうど良いという様な馬場コンディションになってきているのだと思う。これが外差し馬場に変わると、もう直線一本でも外から二転三転という形で追い込める形になるので、今その段階に移りゆくところとイメージして欲しい。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒7だった。ここまで9日間の馬場差を振り返ると、かなり動きがあり、特に前開催5日目は脚抜きが良く、速い時計の出るコンディションとなっていた。
 先週の京都ではJRAの発表を見ても、凍結防止剤を散布されていなかった。風の影響があったのかもしれないが、ともかく時計が掛かっていた事は覚えておきたい。1回開催と時計の出方は変わったが、連対馬の脚質傾向は特に変わりがなく、先行有利が続いている。特に逃げ馬が土日で7連対している。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/01/26 (土)  芝=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 クロンブリオント    牡3 未勝利 1:49.9 +1.2 ± +0.8 +0.4 92   D C
6R T1400 タガノエンブレム    牡3 500万下 1:23.2 +1.2 -0.3 +0.6 +0.3 94   D D
9R T2400 レッドルーラー    牡3 梅花賞500 2:27.0 -0.5 ± -1.0 +0.5 110   A C
10R T1200 フラムドール    牝6 乙訓特別1000 1:09.5 +0.8 ± +0.6 +0.2 94   D C

2013-01-26 (土)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 マイティマックス    牝3 未勝利・牝 1:55.6 +1.3 ± +0.6 +0.7 94   D D
2R D1200 アップアンカー    牡3 未勝利 1:14.2 +1.2 ± +0.7 +0.5 93   D D
3R D1800 トーホウビッグガン    牡3 未勝利 1:56.1 +1.8 ± +1.1 +0.7 89   E D
4R D1400 メイショウツバクロ    牝3 新馬 1:28.6 +2.5 ± +2.0 +0.5 80   E D
7R D1800 エディン    牝4 500万下・牝 1:54.9 +2.3 -0.9 +0.7 +1.6 93   D D
8R D1200 ワンダーフォルテ    牡5 500万下 1:13.3 +1.4 -0.2 +0.7 +0.7 93   D C
11R D1900 マルカプレジオ    牡5 雅S1600 1:58.3 +0.7 ± ±0 +0.7 100   C C
12R D1200 マルコフジ    牡5 1000万下 1:12.0 +0.7 ± +0.2 +0.5 98   C C

         

■ワンポイントアドバイス
根岸Sの振り返り
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。