Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/01/27 (日)
2013年1回中京4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒2だった。まずはここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、速めの時計が出るコンディションだった1週目と比べ、先週はプラスの数値で時計が掛かっていた。1回中京は3週の開催で、今週が最終週となる。
 風の影響が少なからずあったと思われる、先週の中京競馬だが、2週目にしてここまで馬場差が変わるとはちょっと驚き。残り1週とは言え、使用頻度によるコンディションの変化には注意を払っておきたい。連対馬脚質という意味では、時計が出にくくなったものの、まだ内・外どこが伸びるという事もなく、フラットな馬場コンディションだった。日曜は特に逃げ・先行馬の勝利が目についた事からもわかると思う。なお、これに一応補足しておくと、中京は結構18頭とかフルゲートの頭数が割と多いですから、その新装中京における競馬と言うのは、比較的ゆったりした流れでもフワッと縦長になりやすい。逆にと言うべきか、結構そういう競馬になると結果的に前が楽をするケースが多いことも、特に日曜の競馬を見ててもそう感じた。頭には入れておきたい。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、ダートも早めの時計が出るレベルだた1週目と比較し、先週はプラスの数値で時計が掛かっていた。
 水分を含んでいたはずだが、風や凍結防止剤の影響もあったのか、1週目より時計が掛かっていた。連対馬の脚質傾向は1週目に比べ、前めにつける馬の連対が多かった。特に1800mと1900mにおいては、逃げ馬の好走確率が高かった。見ている側のイメージとしては、ちょっと新潟のダート1800mに似ていると言うか、2コーナーから向正面にかけて、結構息が入るケースが多いのかなという感想を持った。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/01/27 (日)  芝=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ポポルブフ    牡3 未勝利 2:05.1 +1.7 -0.7 +0.8 +0.2 92   D D
6R T1400 ヒシガーネット    牝3 新馬 1:24.1 +0.6 ± +0.5 +0.1 95   D D
9R T1200 カリスマテーラー    牝7 500万下 1:10.3 +0.4 -0.1 +0.2 +0.1 98   C D
10R T2000 クイーンキセキ    牝4 西尾特別500 2:03.8 +1.8 ± +1.6 +0.2 84   E D
12R T1600 ケルンフォーティー    牡4 知立特H1000 1:35.8 +0.9 ± +0.7 +0.2 93   D D

2013-01-27 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ダイナミックウオー    牡3 未勝利 1:54.5 -0.7 ± -0.8 +0.1 108 B D
2R D1200 オレハメジャー    牡4 500万下 1:13.0 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D D
3R D1800 デルマイザナミ    牝4 500万下・牝 1:54.7 +1.1 ± +1.0 +0.1 90   E D
4R D1400 キングズウェザー    牡3 未勝利 1:26.3 -0.2 ± -0.3 +0.1 103   B D
7R D1400 カネトシリープイン    牡5 500万下 1:25.5 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C D
8R D1900 サンライズスマート    牡4 500万下 2:02.1 +1.8 ± +1.7 +0.1 83   E E
11R D1400 コウセイコタロウ    牡4 三河S1600 1:24.8 +1.0 ± +0.9 +0.1 91   E D

         

■ワンポイントアドバイス
根岸Sの振り返り
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。