Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2013/02/02 (土)
2013年2回京都3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒5だった。ここまで9日間の馬場差を振り返ると、前開催5日目が雨の影響でかなり時計が掛かり、そのあともプラスの数値が続いている。
 土曜の方が雨の影響が残っていた。ただ、乾いた日曜にしても先々週より若干時計が掛かっていた。開催が進んで順当にと言うべきか、プラスゾーンで推移している。
 先週の番組でも言ったが、外差し傾向が顕著になって来た。馬場の真ん中から外寄りにかけて、差し切る馬がほとんどだった。残り2週もこの傾向が続くんじゃないだろうか。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒2だった。ダートは2回開催に入って、プラスの馬場差が続いているが、1週目と比較すると先週は水準レベルに近づいて、時計が出やすくなった。
 1週目よりも時計が出やすくなったのは、雨の影響が残っていたため。先々週より時計が出やすくなったが、連対馬の脚質傾向はこれまでと変わらず、先行有利が続いている。特に逃げ馬の連対が目につく。先々週は土日で7鞍、そして先週は8鞍連対していた。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/02/02 (土)  芝=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 レッドフォーチュン    牝3 未勝利・牝 1:36.3 +0.8 ± +0.2 +0.6 98   C C
7R T1800 ヴァンセンヌ    牡4 500万下 1:49.8 +2.4 -1.0 +0.8 +0.6 92   D D
9R T1800 アイウォントユー    牡6 春日特H1000 1:49.0 +2.3 -1.0 +0.7 +0.6 93   D C
10R T1600 トーセンソレイユ    牝3 エルフィ 1:35.4 +0.9 -0.3 ±0 +0.6 100   C D

2013-02-02 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 シゲルホウオウザ    牡3 未勝利 1:13.1 +0.1 ± ±0 +0.1 100   C E
2R D1800 クラージュドール    牡3 未勝利 1:54.7 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   C D
3R D1800 アーバンレジェンド    牝3 新馬 1:55.1 +0.5 -0.9 -0.5 +1.0 105 B C
6R D1800 マイネルクロップ    牡3 500万下 1:52.3 -1.1 ± -1.2 +0.1 112   A C
8R D1400 ナリタスーパーワン    牡4 500万下 1:25.6 +1.1 -0.5 +0.5 +0.6 95   D D
11R D1400 アドバンスウェイ    牡7 すばるS 1:23.5 +1.1 ± +1.0 +0.1 90   E D
12R D1800 アントニオピサ    牡4 1000万下 1:52.4 +0.6 ± +0.5 +0.1 95   D C

         

■ワンポイントアドバイス
調教欄も大事
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。