Victory Road

アダルト動画

2013/02/09 (土)
2013年2回京都5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒5だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てプラスの数値だが、プラス1秒を超える日はない。2回開催になり、時計が掛かるなりに大きな動きはない。なお、3日目は雨の影響が残ったため、他の日より時計が掛かっている。
 ダートが金曜正午発表時で重馬場だったのに対して、芝は良馬場発表だったという事からもわかる通り、芝の方が雪・雨の影響が残っておらず、時計の出方も変わらなかったということ。なお、先週は4コーナーで内を開けて直線に入るジョッキーが多く内側が荒れて来たという事は当然判断できる。とは言え、という事になるが前の馬が馬場の4分どころとか5分どころを回って来ると、後続ではそれをさらに外を回らなければならいない事になる。こうなると外を通るロスがより大きくなる。また、連続開催の終盤になって外も荒れてきたんだと思う。日曜の後半を見ても、京都記念の様に外の馬同士で決まったレースもあるが、例えば10Rの様に内を突いたミルドリームが勝ったレースもあった。最終週の今週、ちょっとどうなるかわからないところが正直なところだが、あまり枠とかコースを気にしすぎず、予想を組み立てる時点では能力重視といきたい。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒4だった。ここまでの馬場差を振り返ると、2回開催に入ってから、全てプラスの数値で1週目が最も時計の掛かるコンディションだった。その後の2週は大きくは変わっていない。
 ダートは土曜の方が雨・雪の影響が残って、日曜と比べれば時計が出やすかった。っと言ってもどちらもプラスゾーンの上の話。特に大きく変わった訳ではない。あくまで、日曜と比べればということ。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/02/09 (土)  芝=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 アドマイヤツヨシ    牡3 未勝利 1:36.5 +1.0 ± +0.6 +0.4 94   D C
9R T1800 サトノノブレス    牡3 つばき賞500 1:49.3 +1.4 -1.0 -0.1 +0.5 101   C D
10R T1400 アルティシムス    牡5 宇治川特1000 1:22.4 +1.1 -0.6 +0.1 +0.4 99   C C

2013-02-09 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ロードツイスター    セ3 未勝利 1:13.7 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D D
2R D1800 アメリカンドリーム    牡3 未勝利 1:55.4 +1.1 -0.3 +0.7 +0.4 93   D D
3R D1400 キタサンイナズマ    牡3 未勝利 1:24.7 -1.2 ± -1.3 +0.1 113 A C
6R D1200 エイシンテキサス    牡3 新馬 1:12.7 -0.5 ± -0.6 +0.1 106   B C
7R D1800 アドマイヤケルソ    牡5 500万下 1:53.5 +0.9 ± +0.8 +0.1 92   D D
8R D1400 クラッシュアゲン    牡5 500万下 1:25.2 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D D
11R D1900 メテオロロジスト    牡6 アルデバH 1:57.8 +1.0 ± +0.9 +0.1 91   E D
12R D1800 ダートムーア    牝5 1000万下・牝 1:52.7 +0.9 ± +0.8 +0.1 92   D D

         

■ワンポイントアドバイス
先週の固め打ちジョッキー
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。