Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2013/02/10 (日)
2013年1回東京6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒8だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、開催が進むにつれ少しずつだが馬場差はマイナス方向に大きくなっている。
 6日の水曜日に雪から雨に変わって多少の水分を含んだ様だが、これで多少なりともクッションの効きやすいコンディションになった。あるいは、比較的日中の気温が高めになってきたせいなのか、3週目にしてさらにマイナスの方向へ推移したという事。連対馬脚質も前めに位置した先行・好位組の占有率が上がり、青色でいつも示している後方の馬というのはゼロだった。基本的には直線の坂を上がってからの切れ味勝負の馬場だが、所謂切れ味が居ない組み合わせになると流れを味方にした先行勢が追い出しを我慢して、坂を上がってからもキレイにまとめてゴールというパターンも目についた。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てプラスの数値だが先週は前半2週と比べれば、水準方向に近づいた。
 6日水曜の雪・雨の影響がダートの方には多少残ったという事。土曜3Rまでが稍重だったが、ただし見た目には朝から良に近いコンディションで、馬場差も終日ひとくくりとなっている。水準方向に推移した事に伴って、1週目・2週目よりは中団・後方に位置した馬の連対占有率が下がっていたが、要所要所で1頭だけ例えば末脚強烈に飛んで来るとかという馬がいたりして、いかにも東京向きの上がりの脚力がしっかりした馬も馬券には絡んでいたという事。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/02/10 (日)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 マクベスバローズ    牡3 未勝利 2:01.9 -0.3 -0.8 -0.3 -0.8 103   C C
5R T1600 サクラプレジール    牝3 新馬 1:37.2 +1.0 -0.6 +1.0 -0.6 90   S C
7R T1400 インパルスヒーロー    牡3 500万下 1:22.7 +0.2 -0.7 +0.1 -0.6 99   C D
9R T2400 ブリッジクライム    牝4 箱根特別1000 2:25.3 -0.9 -0.6 -0.5 -1.0 105 B C
10R T1400 セイウンジャガーズ    牡6 雲雀S1600 1:20.7 -0.5 -0.3 -0.2 -0.6 102   C B
11R T1800 メイケイペガスター    牡3 共同通信G3 1:46.0 -1.5 -0.5 -1.3 -0.7 113 A C

2013-02-10 (日)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ナムラビジン    牝3 未勝利・牝 1:27.6 +1.4 ± +1.1 +0.3 89   E D
2R D2100 ジャーラベンナ    牡3 未勝利 2:17.2 +3.1 -0.6 +2.1 +1.0 79   S D
3R D1600 ディアグリスター    牡3 未勝利 1:40.8 +1.3 ± +1.0 +0.3 90   E D
6R D1600 エアロブンバ    牡3 新馬 1:40.8 +1.0 ± +0.7 +0.3 93   D C
8R D1600 ケイアイプログレス    牡6 500万下 1:37.7 -0.3 ± -0.6 +0.3 106   B C
12R D1300 マックスガイ    牡4 1000万下 1:18.6 +0.7 -0.2 +0.3 +0.4 97   D D

         

■ワンポイントアドバイス
先週の固め打ちジョッキー
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。