Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/02/16 (土)
2013年1回小倉3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。まず、ここまで4日間の馬場差を振り返ると全てマイナスの数値だが、高速馬場という程ではなく、先週は開幕週と比較して水準方向に近づいた。
 数値的には水準方向へ推移したとは言え、小倉の芝はまだ良好なコンディション。先週は月曜に芝刈りが行われ、そのせいか開幕週と同等かそれ以上にインコース有利の決着が多く、積極的にレースを進めて早めにスパートするという形の方がむしろ必勝パターンというイメージが強かった。また、差し馬にしてもインコースから捌いて来る方が有利で、日曜11R小倉大賞典を勝ったヒットザターゲットもこのパターンだった。今週からの後半2週はBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス0秒9だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、ダートも全てマイナスの数値ではあるが、日によって時計の出方は異なる。先週土曜が最も時計の出やすいコンディションだった。
 芝とは異なってダートでは金曜のまとまった雨が影響して金曜正午の時点では不良だった。そこから1段階戻っての競馬だったが、結局土日を通して重馬場発表だった。ただし、土日の数値に開きがあるので注意。見た目にも土曜はジュワッと水が浮いてくる様なコンディションで、落ち着いた流れになればレース上がりは軒並み速くなっていた。速い上がりというキーワードに関連してと思われるが、どちらかと言えば中団・後方の連対占有率が目立った週。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/02/16 (土)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 コスモチャペル    牡3 未勝利 1:09.2 -0.1 ± +0.1 -0.2 99   C D
4R T2000 ウインアルザス    牡3 未勝利 2:00.6 -0.7 -0.3 -0.6 -0.4 106   B C
6R T2000 サンライズマルス    牡5 500万下 2:00.5 +0.6 -0.6 +0.4 -0.4 96   D D
7R T1200 ジルコニア    牝6 500万下 1:08.3 -0.2 ± ±0 -0.2 100   C D
9R T1800 タツストロング    牡4 500万下 1:48.5 +1.4 -0.6 +1.2 -0.4 88   S E
10R T2000 シンネン    牡3 あすなろ500 2:00.3 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   C D
12R T1200 ベストブルーム    牡6 合馬特別500 1:08.9 +0.4 ± +0.6 -0.2 94   D D

2013-02-16 (土)  ダ=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 ベルウッドシーマ    牡3 未勝利 0:58.9 -0.4 ± +0.4 -0.8 96   D D
2R D1700 エーシンウェンディ    牝3 未勝利・牝 1:46.2 -0.8 -0.4 +0.1 -0.9 99   C D
5R D1000 ヤマノグラス    牝5 500万下 0:58.5 ±0 ± +0.8 -0.8 92   E D
8R D1700 フーラブライド    牝4 500万下・牝 1:45.0 -0.4 ± +0.9 -1.3 91   E E
11R D1700 サンライズブレット    牡5 和布刈特1000 1:43.2 -1.4 ± -0.1 -1.3 101   C C

         

■ワンポイントアドバイス
ゴールドアリュール産駒
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。