Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/03/02 (土)
2013年1回小倉7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒3だった。まずここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、8日間全てマイナスの数値だった。その内開催の中で比べて見ると、開幕週とBコースに替わった3週目が時計の出やすいレベルだった。
 馬場そのものの傷みとそして前日に雨が降った影響で時計の出方は鈍った。それでも水準よりもやや速い馬場だった。土日では雨の影響を受けた土曜はマイナス0秒1で、馬場が乾いた日曜はマイナス0秒3。前回の番組で外差し祭りになる可能性を示唆したが、結果開催前日には降ったが、開催当日には雨が降らなくて外差しがバンバン決まる様な馬場にはならなかった。個人的には開催日にもシトシトと雨が降って、祭りの開催を望んでいたが、そうはならなかった。
 結局1回小倉は開幕週こそ案外差しが届いたが、その後は内を通った先行馬が粘る傾向だった。差しが決まるのはペースが速くなった時のみ。つまり、結局は乗ってる騎手も予想する我々も目立った傾向が掴めないまま開催を終えることになった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒3からマイナス0秒8へと変動、日曜がマイナス0秒2だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、終日良馬場発表だった6日目以外は全てマイナスの数値だった。6日目だけが乾いた馬場で時計が掛かったという事になる。また、マイナスの馬場差だった日の中で2日目・5日目・8日目は水準に近いレベルだった。
 土曜は雨の影響が残ってマイナス1秒3と脚抜きの良いコンディションでスタートした。そこから徐々に乾いて行って、ラストの9Rはマイナス0秒8と水準方向に近づいて行った。日曜は土曜後半よりもさらに乾いて、水準レベルの馬場コンディションだった。脚質的には3週目と同様、偏った傾向は無かった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/03/02 (土)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 カシノワルツ    牝3 未勝利 1:09.5 +0.2 ± +0.3 -0.1 97   D D
4R T2000 ラスカルスピード    牡3 未勝利 2:01.3 ±0 ± +0.1 -0.1 99 C C
5R T1200 キャメロンロード    牝3 未勝利・牝 1:10.1 +0.8 ± +0.9 -0.1 91   E D
8R T2000 リングネブラ    牝4 500万下・牝 2:00.9 +1.0 ± +1.1 -0.1 89   E D
10R T1800 シベリアンスパーブ    牡4 脊振山特500 1:48.9 +1.8 -1.0 +0.9 -0.1 91   E C
11R T2600 マッキーバッハ    牡8 皿倉山特1000 2:38.8 -0.3 ± -0.2 -0.1 102   C C
12R T1200 テイエムタイホー    牡4 八代特別500 1:08.6 +0.1 ± +0.2 -0.1 98   C C

2013-03-02 (土)  ダ=-1.3 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 エリモフェザー    牝3 未勝利 0:58.6 -0.7 ± +0.1 -0.8 99   C D
2R D1700 コーリングオブラブ    牝6 500万下・牝 1:44.8 -0.6 ± +0.7 -1.3 93   D E
6R D2400 ヴェイロン    牡5 500万下 2:32.4 -1.8 ± -0.2 -1.6 102   C D
7R D1000 イエスマイダーリン    牝6 500万下 0:59.2 +0.7 ± +1.3 -0.6 87   E E
9R D1700 デンコウアクティブ    牡4 500万下 1:45.8 +0.4 ± +1.2 -0.8 88   E C

         

■ワンポイントアドバイス
西エリアのダブル開催続く
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。