Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/03/31 (日)
2013年3回中山4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス0秒9だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。
先週からBコースに替わった事が大きな要因だろう。傷んでいる部分が隠れた事もあって、とりわけ土曜は先週よりも速い時計が出るレベルとなった。
 特に土曜だが、逃げ・先行馬やインで立ち回った馬の活躍が目立って、騎手も積極的にインを活用しようとする競馬が多かった。対して日曜は徐々にインコースに伸びない部分が目立ってくるようになって、ダービー卿CTでは先行馬でインを避ける騎手もちらほら出てきた。そして最終レースでは、逃げたツインクルスターの江田照騎手は4コーナーでインを空けて馬場の3分どころを通ってそのまま逃げ切った。外から追い込んで来る馬も目立ちましたし、インに入った馬たちはそれほど伸びないという競馬になっていた。なお、この後最終週までこのままBコースが使用される。
 (今週末は雨の予報も出ているが…)内の傷み具合がどうなるかというのが大きな問題だが、それに対して騎手がどのように対応するかという事になるが、雨が降ると全然違った事になるかもしれないので、それはあくまで注意しなければならないが、基本的に同じような天候であれば、今週の日曜日ぐらいの競馬になってくるんじゃないかと思う。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス1秒3。1200m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておく。1800mは全てプラスの数値で、特に前開催6日目そしてこの開催に入ってからはプラス1秒台と時計が掛かっている。一方1200mは前開催6日目を除けば、水準か水準より少し時計の掛かるレベルのコンディション。
 先々週同様非常に時計の掛かる馬場だった。心配された日曜の雨もほとんど降らなかったので、馬場コンディションへの影響はなかった。中山らしく、前めにつけた馬の活躍が目立ったが、主に1200mでは差し・追い込み馬も連に絡んでいた。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/03/31 (日)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2200 ジェラテリアバール    牝3 未勝利 2:17.6 +1.4 -0.7 +1.7 -1.0 83   S C
6R T1600 カフェリュウジン    牡3 500万下 1:34.4 -0.9 ± -0.2 -0.7 102   C C
8R T2000 アーカイブ    牡4 500万下 2:02.7 +1.1 -0.4 +1.6 -0.9 84   S C
11R T1600 トウケイヘイロー    牡4 ダービーHG3 1:32.6 -0.6 ± +0.1 -0.7 99   C C
12R T1200 ツインクルスター    牝4 1000万下 1:08.2 -0.6 ± -0.1 -0.5 101   C D

2013-03-31 (日)  ダ=+1.3 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ダンディーレイ    牡3 未勝利 1:58.4 +2.7 ± +1.4 +1.3 86   E D
2R D1200 サウスマキシム    牡3 未勝利 1:13.2 +0.3 ± +0.3 ±0 97   D D
3R D1800 アンジェラスベル    牝3 未勝利・牝 1:57.5 +1.8 ± +0.5 +1.3 95   D D
4R D1200 エッフェル    牡3 未勝利 1:13.0 +0.1 ± +0.1 ±0 99   C D
7R D1200 マスターエクレール    牝4 500万下 1:12.3 +0.4 ± +0.4 ±0 96   D D
9R D1200 ラフアウェイ    牝5 春風S1600 1:10.9 +0.2 ± +0.2 ±0 98   C C
10R D1800 コパノリッキー    牡3 伏竜S 1:53.6 -0.2 ± -1.5 +1.3 115 A B

         

■ワンポイントアドバイス
中山・芝1600mは本当に外枠が不利なのか?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。