Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2013/04/07 (日)
2013年2回阪神6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からプラス0秒3へと変動、日曜がプラス0秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催の最終週からこの開催2週目までは開催が進む毎にむしろ時計が出やすくなっていたが、先週は雨の影響で、時計が掛かった。
 雨の影響で1週前よりも時計が掛かった。土曜は1日を通して良馬場発表だったが、ずっと1日雨が降っていて、後半は見た目からしてあれは良馬場ではなかったと思う。という事で馬場差は変動になった。5Rはマイナス0秒5で、徐々に時計が掛かるようになって11Rでプラス0秒3だった。そのまま雨が降り続けて、日曜の朝には止んだが、日曜は稍重でスタートして7R以降は良馬場。ただし、土曜と比べても時計の掛かる馬場で、なおかつ、これは土曜と逆だが、馬場発表は途中で変わっているが、馬場差は変動ではなかった。直線で外を通る馬の伸びが目立ち、特に日曜は外差しが多かった。今週は良馬場なら、先週ほどは時計が掛からないはずだが、外伸びという傾向は変わらないと思う。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2からマイナス1秒3へと変動、日曜はマイナス3秒2からマイナス1秒8へと変動した。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、この開催2週目までは水準前後でそれほど大きく動くことはなかったが、先週特に日曜は雨の影響でかなり高速化した。
 馬場状態は土曜が良から稍重、日曜が不良から重で4つ全部あった。どちらも馬場差は変動だった。土曜は1Rと2Rがマイナス0秒2、そこから徐々に高速化して12Rはマイナス1秒3、日曜は1Rがマイナス3秒2で、2Rがマイナス3秒1、3Rマイナス3秒0と超高速馬場だった。その後徐々に水準方向に変動したが、8Rでもまだマイナス2秒台。そして12Rでもマイナス1秒8だった様に、これは1日を通して高速馬場だった。で、超高速馬場だった日曜だが、逃げ馬が1頭も2着以内に残っていない。何度も言っているが、ダートの高速馬場は前残りというのは、間違った常識ですので、よく覚えておこう。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/04/07 (日)  芝=+0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 スマートレイアー    牝3 未勝利 1:35.3 -0.3 ± -0.9 +0.6 109 A C
7R T2000 ベルニーニ    牡4 500万下 2:02.8 +1.9 ± +1.1 +0.8 89   E D
9R T2000 セレブリティモデル    牝3 忘れな草 2:03.7 +3.1 ± +2.3 +0.8 77   E D
10R T2400 レッドデイヴィス    セ5 大阪―ハH 2:28.6 +3.6 -0.9 +1.7 +1.0 83   E D
11R T1600 アユサン    牝3 桜花賞G1 1:35.0 +0.9 ± +0.3 +0.6 97   C C

2013-04-07 (日)  ダ=-3.2 → -1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ヒドゥンブレイド    牡3 未勝利 1:51.4 -3.2 ± ±0 -3.2 100   C D
2R D1200 キョウワアーサー    牡3 未勝利 1:11.9 -1.4 ± +0.7 -2.1 93   D C
3R D1800 メイショウテンシュ    牡3 未勝利 1:51.1 -3.5 ± -0.5 -3.0 105   B C
5R D1200 シゲルオウシザ    牡3 500万下 1:11.4 -1.2 ± +0.5 -1.7 95   D C
6R D1800 スマートラファエル    牡4 500万下 1:51.8 -1.3 ± +1.1 -2.4 89   E D
8R D1400 ケイト    牝5 天王寺特1000 1:23.7 -0.5 ± +1.2 -1.7 88   E C
12R D2000 トウショウクラウン    牡5 梅田S1600 2:02.8 -1.9 ± +0.1 -2.0 99   C C

         

■ワンポイントアドバイス
日曜・中山は強い南風
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。