Victory Road

アダルト動画

2013/04/29 (月)
2013年1回福島6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜月曜がマイナス0秒6だった。まずは8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を強く受けた2日目以外はマイナスの数値で、さらに大きな動きはなかった。なお、4日目だけは風の影響で1200mと中・長距離の時計の出方が比例せずに分けて表示している。
 開催の最終週でなおかつCコースに替わった週だったが、3週目と比べて急に時計が掛かった訳でもなく、逆に高速化した訳でもなかった。日曜までは外の方が伸びるという傾向にはならなかった。
 月曜の2000m対象の馬場差は日曜と同じく、マイナス0秒6だった。時計の出方そのものは日曜日と同じだったが、特に後半のレースは土日と比べて外が伸びるケースが目立った。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜月曜はプラスマイナスゼロだった。まずは8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で脚抜きが良くなった2日目を除くとマイナスの数値はないが、後半の2週はいくらか時計は出やすくなり、水準レベルになった。なお、ダートも4日目だけは短距離と中・長距離の時計の出方が比例せず分けて表示している。
 土日でなぜ馬場差が異なっているのかと、理由はともかく事実としてこの様な時計の出方だったと理解してください。馬場差も含めて標準の馬場状態で、おおむね先行有利といつもの福島ダートだった。
 月曜の1700m対象の馬場差は日曜と同じくプラスマイナスゼロだった。馬場差は日曜と同じだが、日曜と比べるとより一層前残り傾向が強くなったように見える。ただし、実際1着は全て1番人気。2着も5頭中4頭は2番人気か3番人気。つまり、力上位の馬が安全な前めの競馬をして好走したというだけで、馬場の傾向に何か変化があった訳ではない。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/04/29 (月)  芝=-0.6 / 1200m=+99
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 デンコウスカイ    牝3 未勝利・牝 1:09.8 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   D D
3R T2000 テンミライ    牡3 未勝利 2:00.4 -1.6 ± -1.0 -0.6 110 A D
5R T1200 トミケンフィアブル    牡3 未勝利 1:10.1 +0.2 ± +0.6 -0.4 94   D D
8R T1200 マイネサヴァラン    牝4 500万下 1:09.2 ±0 ± +0.4 -0.4 96   D C
9R T1800 アップルジャック    牡5 500万下 1:50.1 +2.2 -0.8 +1.9 -0.5 81   S D
11R T1200 メイショウツガル    牡5 福島中央1000 1:09.0 +0.2 ± +0.6 -0.4 94   D C
12R T2000 エーブフウジン    牡5 川俣特別500 2:00.1 -0.7 ± -0.1 -0.6 101   C D

2013-04-29 (月)  ダ=±0 1150m=+99
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 リアライズブラザー    牡3 未勝利 1:46.8 -0.5 ± -0.5 ±0 105   B D
4R D1150 デルマネコムスメ    牝3 未勝利 1:09.1 -0.2 ± -0.2 ±0 102   C C
6R D1700 コーラルビュー    牝5 500万下・牝 1:46.8 +0.8 ± +0.8 ±0 92   D D
7R D1150 カルブンクルス    牝4 500万下 1:09.0 +0.5 ± +0.5 ±0 95   D D
10R D1700 ダノンクリエーター    牡4 小名浜特500 1:45.9 -0.1 ± -0.1 ±0 101   C D

         

■ワンポイントアドバイス
堀厩舎&戸崎騎手
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。