Victory Road

アダルト動画

2013/05/18 (土)
2013年2回東京9日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス1秒0だった。まずここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた2日目・7日目を除くと速い時計の出るコンディションで、そのほとんどがマイナス1秒台。
 土曜は雨の影響が残っていた。ただ、その土曜にしてもマイナス0秒8ですから、時計が掛かっていたという訳ではない。馬場の傷みは小さくて、先々週と同様外を通った差し馬には辛い傾向だった。前に行くにしろ、後方から差すにしろ、馬場の3分どころまでを通った馬が有利だった。なお、2回開催最終週となる今週はCコースが使用されて、来週からの3回開催の前半2週も引き続きCコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒1だった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、基本的には水準レベルの日の方が多いが、雨の影響を受けるとマイナス1秒台かそれに近いレベルになっている。
 雨の影響が残っていた土曜の方が脚抜きが良くて時計が出やすかった。日曜は乾いて水準レベルのコンディションとなった。今開催の東京はパサパサの良馬場ならだいたい水準程度の時計の出方になっている。脚質的には未勝利戦では、ある程度前の位置につけた馬が活躍して、古馬の条件戦は差しも届いていた。先々週と同様脚質による有利・不利は小さい馬場だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/05/18 (土)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 トーセンアルニカ    牝3 未勝利・牝 2:02.0 ±0 -0.5 +0.3 -0.8 97   C C
7R T1600 アールデュラン    セ4 500万下 1:33.9 -0.9 ± -0.3 -0.6 103   C C
9R T1800 ダイワストリーム    牝3 カーネー500 1:49.2 +1.3 -1.3 +0.7 -0.7 93   D C
10R T1400 チェリーヒロイン    牝4 秋川特別1000 1:22.0 +0.3 -0.2 +0.7 -0.6 93   D C
11R T1800 タムロスカイ    牡6 メイSH 1:45.2 -0.4 ± +0.3 -0.7 97   C C

2013-05-18 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 アースザスリー    牝3 未勝利・牝 1:39.1 -0.1 ± +0.6 -0.7 94   D D
2R D2100 ポッドフェローズ    牡3 未勝利 2:14.6 +0.9 ± +1.8 -0.9 82   E D
3R D1400 トミケンプレミオ    牡3 未勝利 1:25.3 -0.6 ± ±0 -0.6 100   C C
6R D1600 ベリートゥベリー    牡3 500万下 1:36.7 -1.6 ± -0.9 -0.7 109 A C
8R D2100 キングオブフェイス    牡5 500万下 2:13.3 +1.1 ± +2.0 -0.9 80   E D
12R D1600 プリームス    牝4 1000万下 1:36.7 -0.5 ± +0.2 -0.7 98   C D

         

■ワンポイントアドバイス
初出走馬、苦戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。