Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/05/18 (土)
2013年3回京都9日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9からプラス0秒3へと変動した。ここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた2日目・7日目・8日目そして先週日曜の10日目以外、マイナス1秒台の速い時計の出るコンディションとなっている。
 土曜は速い時計の出るレベルだったが、日曜は昼過ぎから雨が降って、後になるほど時計が掛かって行った。5Rまでがマイナス0秒9、以降時計が掛かって、9Rはマイナス0秒5、12Rはプラス0秒3になった。脚質的には雨が降って馬場が悪化した最終レースでも内からの差しが届いていた。前回の番組で外差し傾向が強まるとの見解を示したが、ちょっと読み違いだったと認めざるを得ない。見た目は実はかなり内が傷んでいるが、その傷み具合が脚質傾向に必ずしも反映されていない印象。今週は土曜の競馬をじっくり見て考えたい。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラスマイナスゼロからマイナス0秒3へと変動した。ここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、水準レベルの日が多いが、雨の影響を受けると時計が出やすくなっている。特に7日目の後半は高速化した。
 土曜はプラスマイナスゼロの馬場差で水準だった。日曜も前半は同じ馬場差だったが、昼過ぎからの雨で時計が出やすくなった。っと言っても最終的に1800m換算の馬場差でマイナス0秒3ですから、変動と言っても大きな動きではなかった。ちなみに10Rがマイナス0秒2、11Rがマイナス0秒3だった。ペースが速くなった時のみ、差しも届いていたが、基本的には先行有利で先々週の傾向とほとんど変わらなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/05/18 (土)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1800 ショウナンバーキン    牝3 未勝利・牝 1:48.3 -0.1 -0.6 +0.2 -0.9 98   C C
5R T1600 アドマイヤキンカク    牡3 未勝利 1:34.5 -0.7 ± +0.1 -0.8 99   C C
6R T1200 ケントヒーロー    牡3 500万下 1:08.9 -0.3 ± +0.3 -0.6 97   D C
9R T2400 ヒルノドンカルロ    牡3 メルボル500 2:25.2 -2.0 -0.4 -1.2 -1.2 112   A C
10R T2000 メイショウキラリ    牝4 オースト1000 2:01.0 +1.2 -1.0 +1.2 -1.0 88   S D

2013-05-18 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ミキノノボリリュウ    牡3 未勝利 1:54.0 +0.1 -0.7 -0.6 +0.7 106   B D
2R D1400 トウショウタイド    牡3 未勝利 1:26.2 +0.7 ± +0.7 ±0 93   D C
4R D1900 マッシヴプリンス    牡3 未勝利 2:00.7 +0.1 -0.3 -0.2 +0.3 102   C C
7R D1400 ラブリイステラ    牝5 500万下・牝 1:25.0 +0.5 ± +0.5 ±0 95   D D
8R D1800 スズカルパン    牡4 500万下 1:52.7 +0.1 ± +0.1 ±0 99   C C
11R D1900 ニホンピロアワーズ    牡6 平安SG3 1:56.9 +0.1 ± +0.1 ±0 99 C C
12R D1400 リュクスメジャー    牝4 シドニH1000 1:24.7 +0.9 ± +0.9 ±0 91   E D

         

■ワンポイントアドバイス
初出走馬、苦戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。