Victory Road

アダルト動画

2013/06/09 (日)
2013年3回東京4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒2だった。まずはここ4週の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で、前開催10日目以降はマイナス1秒台と速い時計の出るコンディションが続いている。
 Cコース使用後はほぼ同じ馬場差で推移している。JRA発表によると、3コーナーから4コーナーの内柵沿いと直線の一部に傷みが見られるとのことだったが、全体に良好な状態とのことだった。実際、見た目にも芝のコンディションはまだ良いなぁという感じがした。雨が降らないという事もあると思うが、ほとんど前2週と同じ馬場差。高速決着をもたらすレースが非常に多かったと思う。ただ、逃げ馬の連対はなかった。それ以外に脚質の偏りはなかった。直線の長いいかにも東京らしい攻防が繰り広げられたと思う。なお、今週からの2週はDコースに替わる。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた前開催9日目は速めの時計が出るレベルだったが、10日目以降は水準レベルのコンディションが続いている。
 ここ数週間と変わらないが、見た目には乾いていて、砂埃も舞う。でも時計の掛かるコンディションではなくて、脚質の傾向から見ると、逃げから追い込みまで、いろいろ混在していたという事で、偏りはなかったと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/06/09 (日)  芝=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 マイネルフロスト    牡2 新馬 1:50.9 +1.1 -1.4 +0.8 -1.1 92   D C
6R T1400 トクラットリバー    牝3 未勝利 1:22.7 -0.3 -0.3 +0.2 -0.8 98   C C
7R T2400 マイネルリヒト    牡4 500万下 2:26.6 -0.3 -0.8 +0.3 -1.4 97   C C
10R T1600 サトノギャラント    牡4 多摩川H1600 1:33.6 ±0 -0.6 +0.4 -1.0 96   D B
11R T1800 クラレント    牡4 エプソムG3 1:45.7 +0.1 ± +1.2 -1.1 88   E C

2013-06-09 (日)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 デルマハンニャ    牝3 未勝利・牝 1:38.3 -0.9 ± -0.9 ±0 109   A C
2R D1400 クリーンオトコギ    牡3 未勝利 1:26.9 +1.0 ± +1.0 ±0 90   E D
3R D1600 グランデアリュール    牡3 未勝利 1:39.2 ±0 ± ±0 ±0 100   C D
8R D1600 ゴールウェイ    牝4 500万下・牝 1:37.8 -0.2 ± -0.2 ±0 102   C D
9R D1400 ケージーハヤブサ    牡4 三浦特別1000 1:24.3 +0.1 ± +0.1 ±0 99   C C
12R D1400 ヘアーオブザドッグ    牡4 500万下 1:25.1 +0.2 ± +0.2 ±0 98   C C

         

■ワンポイントアドバイス
東京・芝2000mは内枠有利、外枠不利!?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。