Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/06/16 (日)
2013年1回函館2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス2秒3だった。
 土曜の方が雨の影響が残っていて、それでもかなりの高速だった。乾いた日曜日はいっそう高速馬場となった。JRAの発表によると低温の影響により芝の成長は緩やかだが、馬場全体とすれば良好な状態という事だった。とにかく時計が速く、そのため高速決着にありがちな、前めの馬が有利なレースに周知した。追い込み馬が台頭したのは、2000m以上で平均からハイペースという流れでという点で共通している。なお、この1回函館の6日間は全てAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス2秒5、日曜がマイナス2秒1からマイナス1秒0へと変動した。
 開催初日の土曜は雨の影響が残って、馬場差はマイナス2秒5とかなり速い時計の出るコンディションでスタートした。土曜と比較すると日曜日は乾いており、後になるほど水準方向に向かった。そうは言っても日曜の最後のダートレース9Rの時点でマイナス1秒0ですから、速い時計の出るコンディションではあった。基本的には前めの馬が有利で、おおかた追い込み馬は苦戦を強いられた。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/06/16 (日)  芝=-2.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 ジェイケイネオ    牡3 未勝利 1:59.7 -3.5 ± -1.2 -2.3 112   A C
5R T1200 オールパーパス    牡2 新馬 1:09.8 -1.6 ± -0.2 -1.4 102   C D
8R T1200 ユールフェスト    牝4 500万下 1:08.1 -1.9 ± -0.5 -1.4 105   B C
10R T2600 アドマイヤバラード    牡4 駒ケ岳特500 2:40.1 -2.5 ± +0.5 -3.0 95   D C
11R T1200 パドトロワ    牡6 函館スプG3 1:08.5 -0.3 ± +1.1 -1.4 89   E C
12R T1800 ラブイズブーシェ    牡4 北斗特H1000 1:46.2 -2.4 ± -0.3 -2.1 103   C C

2013-06-16 (日)  ダ=-2.1 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 シルヴァーグレイス    牝3 未勝利・牝 0:59.2 -0.8 ± +0.4 -1.2 96   D D
2R D1700 ミッキースマホ    牡3 未勝利 1:45.5 -2.3 ± -0.3 -2.0 103   C D
3R D1000 カレイファンタジア    牡3 未勝利 0:59.1 -0.9 ± +0.2 -1.1 98   C D
6R D1700 トランザムスター    牡3 未勝利 1:46.3 -1.5 ± -0.1 -1.4 101   C D
7R D1000 メイショウフォロー    牡4 500万下 0:59.2 -0.1 ± +0.7 -0.8 93   D C
9R D1700 ハギノコメント    牡4 500万下 1:46.1 -0.5 ± +0.5 -1.0 95   D B

         

■ワンポイントアドバイス
滞在競馬が合っている馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。