Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/06/22 (土)
2013年1回函館3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス2秒2だった。まずはここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、かなり速い時計の出るコンディションが続いており、2日目以降はマイナス2秒台の馬場差。
 JRAの発表によると、1週目は雨の中での競馬となったが、大きな傷みもなく良好な状態を維持しているという事だった。見た目もそんな感じに映りましたし、従って先々週同様にかなり良い馬場コンディションで、高速決着が多くなった。ただ、前めの馬あるいはインコース有利のレースが多い中でも、この週は差し・追い込み馬も少し台頭してきた。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス1秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で脚抜きが良かった初日がマイナス2秒5、2日目は初日よりは時計が掛かったとは言え、それでも速い時計の出るコンディションで、先週もこれと同様だった。
 相変わらず速い。先週も速い時計の出るコンディションで、基本的には逃げ・先行馬が有利だったが、先々週の日曜前半までの様な高速馬場ではなかったから、差し・追い込み馬が台頭するレースもいくつかはあった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/06/22 (土)  芝=-2.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 ヒラボクロマンス    牝3 未勝利 1:09.3 -1.3 ± ±0 -1.3 100   C D
4R T1800 ラストタキオン    牡3 未勝利 1:48.9 -1.3 ± +0.7 -2.0 93   D C
5R T1200 シュシュブリーズ    牝2 新馬・牝 1:10.8 -0.6 ± +0.7 -1.3 93   D D
8R T2000 サトノプレジデント    セ4 500万下 2:01.1 -1.1 -0.5 +0.6 -2.2 94   D D
10R T1800 エアジェルブロワ    牝4 遊楽部特500 1:47.6 -1.7 ± +0.3 -2.0 97   C C
12R T1200 ヤマニンプチガトー    牝4 長万部特500 1:08.9 -1.1 ± +0.2 -1.3 98   C C

2013-06-22 (土)  ダ=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 ブラックフライデー    牡3 未勝利 1:47.8 ±0 ± +1.2 -1.2 88   E D
3R D1700 ナリタロック    牡3 未勝利 1:46.2 -1.6 ± -0.4 -1.2 104   B D
6R D1000 タマモエスカルゴ    牝2 新馬 1:00.6 -0.1 ± +0.6 -0.7 94   D D
7R D1700 イースターパレード    セ4 500万下 1:44.4 -2.2 ± -1.0 -1.2 110   A C
9R D1700 ナムラドキョウ    牡3 500万下 1:46.0 -0.6 ± +0.6 -1.2 94   D C
11R D1700 キタサンシンガー    牡4 津軽海峡1000 1:45.0 -0.8 ± +0.4 -1.2 96   D C

         

■ワンポイントアドバイス
逃げることで折り合いをつける
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。