Victory Road

アダルト動画

2013/06/22 (土)
2013年3回東京7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1からマイナス0秒9へと変動、日曜がマイナス1秒2だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、5日目までは速い時計の出るコンディションで安定していた。6日目・7日目は雨の影響で1日の中でも時計の出方が変わったが、先週の日曜は速い時計の出るレベルに戻った。
 まず土曜日だが、雨の影響が残って馬場差はマイナス0秒1、つまり水準のレベルの数値でスタートしたというとこだが、後半は乾いて行って、マイナス0秒9。マイナス1秒まで達しなかったが、速い時計の出るレベルになった。続いて日曜日だが、土曜後半よりも乾いてこれまた高速馬場だが、東京はコース設定を変えて行ったとは言え、2回開催から10週の連続開催で、その最終日にこれだけ速い時計が出るコンディションという事だった。なお、脚質については、土曜日は回復するにつれて、インコースが有利になっていった。よくある。一方日曜日は終日良馬場。脚質や内・外のコース差はほとんどなかった様に思う。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス1秒8からマイナス1秒3へと変動、日曜がマイナス0秒9だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、4日目までは水準レベルの馬場コンディションだったが、後半4日間は雨の影響で時計が出やすくなった。
 土曜日は雨の影響が残っていて、終日脚抜きの良いコンディションだったが、午前の方が午後よりもいっそう速い時計の出るコンディションだったと思う。4Rまでがマイナス1秒8で、その後乾いて行って11Rの時はマイナス1秒3だった。日曜は土曜後半よりも乾いて、そうは言っても日曜日にしても、マイナス0秒9と速い時計の出るレベルにあった。ただ、高速馬場の割には逃げ切りがなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/06/22 (土)  芝=-0.1 → -0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 ウインイルソーレ    牡2 未勝利 1:36.6 +0.2 ± +0.3 -0.1 97   C D
5R T1400 マーブルカテドラル    牝2 新馬・牝 1:23.8 +0.1 -0.5 ±0 -0.4 100   C C
6R T1800 マイネルオリンポス    牡3 未勝利 1:48.2 -0.5 ± ±0 -0.5 100   C B
10R T1800 アーデント    牡4 八ヶ岳H1000 1:47.5 +0.5 -0.6 +0.7 -0.8 93   D C
12R T1400 シルクオフィサー    牡5 500万下 1:21.3 -0.9 ± -0.3 -0.6 103 B C

2013-06-22 (土)  ダ=-1.8 → -1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1600 マキノクィーン    牝3 未勝利・牝 1:37.5 -1.7 ± +0.1 -1.8 99   C C
3R D1300 ハイフロンティア    牡3 未勝利 1:18.4 -1.0 ± +0.5 -1.5 95   D C
4R D1400 ヴェルフェン    牡3 未勝利 1:24.9 -1.0 ± +0.6 -1.6 94   D D
7R D1400 デプロマトウショウ    牝4 500万下・牝 1:23.4 -1.5 ± -0.1 -1.4 101   C C
9R D2100 リキサンステルス 牡3 小金井特500 2:10.8 -1.4 ± +0.4 -1.8 96   C C
ロンギングエース 牡3
11R D1600 タイムズアロー    牡5 夏至SH1600 1:36.1 -0.3 -0.3 +0.7 -1.0 93   D B

         

■ワンポイントアドバイス
逃げることで折り合いをつける
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。