Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2013/07/07 (日)
2013年2回函館2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス1秒5だった。なお、2回函館も1回函館と同じく3週の開催となる。ここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておく。全てマイナス1秒を超える数値だが、先週は1回開催と比較すると水準レベルに近づいた。
 水曜から金曜まで雨が降って、その影響で土曜日は前半稍重だった。9R以降は良馬場だが馬場差は一定で、1週前より時計が掛かる状態。馬場が乾いた日曜は、土曜よりは高速化したが、流石にトータルで4週目になったので、開幕当初と比べると良馬場でも時計が掛かるっと言っても函館としては速い時計が出ている。今週までAコース使用なので、少なくとも今週はマイナス2秒とか、そういう高速馬場にはならないはず。Bコースに移る来週以降はちょっと予測がつかない。っと無責任な事を言うのも、例年函館の芝はだいたいAコースからBコースに移った週にいきなり1秒くらい高速化する事が多い。ただし、今年は元から高速馬場なので、そこから一気に高速化するとも思えないが、例年通りのパターンだと一気に高速化しても不思議はないとも言える。という事で何とも難しい。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス1秒0だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1回開催の初日と2日目前半はマイナス2秒台で、それ以降はマイナス1秒台の数値と、速い時計の出るコンディションになっている。
 水曜から金曜までの雨の影響が残っていた土曜は稍重で1週前より高速化して、乾いて良馬場の日曜は1週前と同じ馬場差に戻ったという実にわかりやすい推移だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/07/07 (日)  芝=-1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 ヴァイサーリッター    牡2 未勝利 1:10.4 -0.8 ± +0.1 -0.9 99   C D
5R T1800 サングラス    牡2 新馬 1:55.6 +4.3 -1.5 +4.2 -1.4 58   S C
6R T1200 ニシノニカ    牝3 未勝利 1:10.0 -0.6 ± +0.3 -0.9 97   D C
9R T1200 レッドガルシア    牡4 500万下 1:09.3 -0.7 ± +0.2 -0.9 98   C D
10R T2000 グリーンラヴ    牡3 臥牛山特500 2:02.1 -0.1 -0.6 +0.8 -1.5 92   D C
12R T1800 キャトルフィーユ    牝4 かもめ島1000 1:48.1 -0.5 -0.3 +0.6 -1.4 94   D C

2013-07-07 (日)  ダ=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 オールウェイズラブ    牝3 未勝利・牝 1:48.2 +0.4 ± +1.4 -1.0 86   E D
3R D1000 トドロック    牡3 未勝利 0:59.0 -1.0 ± -0.4 -0.6 104   B D
4R D1700 ナムライットウセイ    牡3 未勝利 1:47.2 -0.6 ± +0.4 -1.0 96   D D
7R D1000 マスターエクレール    牝4 500万下 0:58.8 -0.5 ± +0.1 -0.6 99   C C
8R D1700 マイネルバウンス    牡4 500万下 1:45.3 -1.3 ± -0.3 -1.0 103   C C
11R D1700 ブライトライン    牡4 マリーン 1:43.4 -0.8 ± +0.2 -1.0 98   C D

         

■ワンポイントアドバイス
短距離血統 アドマイヤマックス
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。