Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/07/13 (土)
2013年2回函館3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒4だった。まずここまで10日間の芝の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒を超える数値だが、マイナス2秒台が続いた1回開催と比較すると2回開催は若干時計が掛かってきている。
 中間の雨の影響が残っていた土曜は日曜よりも時計が掛かり、なおかつ全体的に1週前よりは少し時計が掛かったとわかりやすい、シンプルな馬場差だった。今週からBコースに替わるが、先週の時点で内が傷んでいる訳でも時計が掛かっている訳でもありませんから、一気に高速化することは考えにくいが、ただしBコースに移って一気に高速化するというのは函館芝の恒例行事なので、もしかすると高速化する可能性もある。要するにやってみなければわからないという事なので、それは前回の放送で言った通り。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒9、日曜がマイナス1秒0だった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、ダートも速い時計が出るコンディションが続いている。ただ、1回開催の2週目・3週目はマイナス1秒かそれに近いレベルで安定していたが、この開催に入ると同じ週でも土日で開きがあるパターンが続いている。
 中間に雨が降っていたが、その影響だけではないと思うが、土曜は馬場差がマイナス1秒9で、今年の函館では1回開催初日・2日目の前半に近いぐらい速い時計が出るレベルだった。日曜のマイナス1秒0は今年の函館の標準レベル。同じ週の土日、なおかつ土日とも良馬場発表でも土日で馬場差が1秒近く違うという事は注意したい。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/07/13 (土)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T2600 マーヴェリックス    牝3 未勝利 2:44.7 +0.8 -0.8 +1.4 -1.4 86   S C
5R T1200 マイネルフォルス    牡2 新馬 1:10.7 -0.7 ± ±0 -0.7 100   C D
8R T1200 ヘリオスフィア    牡4 500万下 1:09.7 -0.3 ± +0.4 -0.7 96   D D
10R T2000 ヤマイチパートナー    牡3 大森浜特500 2:01.6 -0.6 -0.3 +0.2 -1.1 98   C C
11R T1200 ストレイトガール    牝4 函館スポ1000 1:09.3 -0.3 ± +0.4 -0.7 96   D C
12R T1800 エディン    牝4 湯浜特別500 1:49.4 +0.1 -0.6 +0.5 -1.0 95   D C

2013-07-13 (土)  ダ=-1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 フクノドリーム    牝2 未勝利 0:58.6 -1.9 ± -0.8 -1.1 108   A D
2R D1700 トゥザレジェンド    牝3 未勝利・牝 1:46.9 -0.9 ± +1.0 -1.9 90   E D
4R D1700 ヒラボクプリンス    牡3 未勝利 1:45.5 -2.3 ± -0.4 -1.9 104   B D
6R D1000 ケイリンチャンプ    牡3 未勝利 0:58.4 -1.6 ± -0.5 -1.1 105 B D
7R D1700 アスターピース    牡4 500万下 1:45.4 -1.2 ± +0.7 -1.9 93   D C
9R D1700 センキ    牡4 500万下 1:44.9 -1.7 ± +0.2 -1.9 98   C C

         

■ワンポイントアドバイス
中京の芝は完全な差し馬場
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。