Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/07/13 (土)
2013年2回福島5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からプラス0秒1へと変動、日曜がプラス0秒9でスタートし、プラス0秒3そしてプラス2秒0へと変動した。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は速い時計の出るレベルだったが、3日目以降は雨の影響で時計が掛かる日もあり、さらに同じ日でも時間帯によって時計の出方が異なる事が目立った。
 先週からBコースに移ったが、その仮柵によっても3コーナーから4コーナーにかけての内側の馬場の傷みというのはカバーしきれなかったようだが、極端に内が悪いという訳ではない。その事よりも、先週に関しては雨の影響による馬場差の変動の方が重要なので、そちらを説明する。
 土曜は早朝から夕方まで断続的に雨が降っていて、馬場発表は終日良馬場だが、馬場差は変動だった。具体的には2Rがマイナス0秒6で、これはやはり変動だった3日目の最初のスタート時の馬場差と同じ。そして5Rから10Rまではマイナス0秒4、この時間帯は小雨だったり雨が止んでいたりで馬場差は変動していないが、その後に雨が強まって12Rはプラス0秒1となった。土曜の夜から日曜の早朝にかけても雨が降っていて、日曜は1Rの時点で稍重でプラス0秒9と時計の掛かる馬場だった。その後は乾いて5Rから良馬場となり徐々に水準方向に変動して9Rはプラス0秒3。ところが10Rのスタート前から大雨となって、11Rは稍重だがプラス2秒0とかなり時計の掛かる馬場となった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒2からマイナス0秒2へと変動、日曜はマイナス0秒5でスタートし、プラスマイナスゼロ、そしてマイナス1秒1へと変動した。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はやや時計の掛かる馬場だったが、2週目は雨の影響もあり、3日目は水準近くとなり、4日目はマイナスへ推移した。そして先週の日曜は、雨の影響で特に終盤は高速化した。
 まず先週の中間にコーナー内側の砂を入れ替えたという事だが、その先週に関して言うと、雨の影響が大きすぎて砂を入れ替えた事で何が変わったのかという事はよくわからなかった。複雑な変動だった馬場差についてだが、土曜は早朝から夕方まで断続的に雨が降っていたため、発表は終日良馬場だが、少しずつ高速化した。っと言っても1Rと3Rがプラス0秒2、6Rと8Rがプラスマイナスゼロ、11Rがマイナス0秒2という緩やかな変動だった。土曜の夜から日曜の早朝まで雨が降っていて、日曜は不良馬場でスタート。3Rの時点で馬場差はマイナス0秒5。その後は徐々に乾いて7Rは重馬場となって馬場差はプラスマイナスゼロとなったが、10Rのスタート前から大雨となって10Rはマイナス0秒3。さらに不良馬場に戻ってしまった12Rはマイナス1秒1とかなり高速化した。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/07/13 (土)  芝=-0.6 → +0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 タニセンダイナスト    牡3 未勝利 1:10.1 +0.3 ± +0.7 -0.4 93   D D
5R T1200 コスモマイルール    牝2 新馬・牝 1:11.0 +0.4 ± +0.6 -0.2 94   D C
7R T2000 リボントリコロール    牝3 未勝利 2:01.6 ±0 ± +0.4 -0.4 96   D D
9R T1800 マイネルスパイス    牡4 雄国沼特500 1:47.3 -0.6 ± -0.2 -0.4 102   C C
10R T2600 エーシングングン    牡4 信夫山H1000 2:38.8 -1.2 ± -0.7 -0.5 107 B C
12R T1200 ツクバアラモード    牝3 500万下 1:09.9 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D D

2013-07-13 (土)  ダ=+0.2 → -0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1150 ジャリーヴ    牝2 未勝利 1:10.2 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   D C
3R D1700 ヤマトツバキ    牝3 未勝利・牝 1:48.3 +1.2 ± +1.0 +0.2 90   E D
6R D1150 アンウォンド    牝3 未勝利 1:09.0 -0.2 ± -0.2 ±0 102   C C
8R D1700 ガムラン    牡5 500万下 1:46.0 ±0 ± ±0 ±0 100   C C
11R D1700 フリートストリート    牡4 安達太良1600 1:44.3 -0.1 ± +0.1 -0.2 99   C C

         

■ワンポイントアドバイス
中京の芝は完全な差し馬場
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。