Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2013/07/13 (土)
2013年3回中京5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4でスタートし、マイナス0秒8、そしてマイナス1秒2へと変動、日曜がマイナス1秒0だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、週によって時計の出方は異なる。
 まずは土曜の変動について2Rの馬場差はマイナス1秒4、これは先週からBコースに移った効果があって2週目より高速化した。2Rの後に雨が降って5Rからは稍重。5Rと6Rは馬場差マイナス0秒8、その後は乾いて徐々にマイナス方向に変動して、良馬場に戻った11Rと12Rはそれぞれ馬場差マイナス1秒1、マイナス1秒2と朝とほぼ同じレベルまで馬場差も戻った。日曜はマイナス1秒0で一定だった。土曜後半よりも少し時計が掛かっていたが、これはかなり内が荒れてきた影響だと思う。その先週だが、よほどのスロー、具体的に何がよほどのスローかと言うと、ペース補正が1秒以上入っている土曜の8Rとか日曜の8R、こういう超スローペースでなければ4コーナー先頭の馬は2着以内に入れなかった。そういうかなり差し有利な馬場になっているので、今週は先週以上の外差し傾向になると思われる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4でスタートし、マイナス2秒4、マイナス1秒9へと変動、日曜がマイナス1秒6からマイナス1秒3へと変動した。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響の有無に関わらず全てマイナス1秒を超える数値が続いている。
 まず土曜だが、2Rと3Rの間に雨が降って3Rから稍重となり、以後は徐々に乾いたという馬場だった。1Rの馬場差はマイナス1秒4、3Rでマイナス2秒4と一気に高速化してその後7Rがマイナス2秒1、10Rがマイナス1秒9と徐々に水準方向に戻したが、いずれにしても3R以降はずっと超高速馬場だったという認識で良いと思う。
 日曜の前半は稍重のままで、2Rと3Rはマイナス1秒6。7R以降は良馬場になってその7Rがマイナス1秒4。そして11Rと12Rがマイナス1秒3で、結果的に土曜の1Rと日曜の後半というのはほぼ同じ馬場だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/07/13 (土)  芝=-1.4 → -0.8 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 アンジュエ    牝3 未勝利・牝 1:34.2 -2.2 ± -1.1 -1.1 111   A C
5R T1200 ラブリープラネット    牡2 新馬 1:11.2 ±0 -0.2 +0.3 -0.5 97   D C
6R T2200 タイセイボルト    牡3 未勝利 2:16.4 -0.3 ± +0.6 -0.9 94   D D
8R T2000 マコトブリジャール    牝3 500万下 2:03.9 +1.9 -1.0 +1.8 -0.9 82   S C
9R T1400 マイネボヌール    牝4 志摩特別500 1:21.7 -0.6 ± +0.1 -0.7 99   C C
11R T2000 ニューダイナスティ    牡4 関ケ原S1600 2:01.3 +0.7 -0.5 +1.3 -1.1 87   S C
12R T1400 エーシンマイェスタ    牡3 500万下 1:21.3 -1.0 ± -0.2 -0.8 102   C C

2013-07-13 (土)  ダ=-1.4 → -2.4 → -1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ショーグン    牡3 未勝利 1:52.7 -2.2 ± -0.8 -1.4 108   B D
3R D1800 エーシンヘディング    牡3 未勝利 1:52.5 -2.4 ± ±0 -2.4 100   C D
7R D1200 ミリアグラシア    牝3 500万下 1:10.8 -1.7 ± -0.3 -1.4 103   B C
10R D1800 インカンテーション    牡3 濃尾特H1000 1:50.5 -2.3 ± -0.4 -1.9 104 B B

         

■ワンポイントアドバイス
中京の芝は完全な差し馬場
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。