Victory Road

アダルト動画

2013/07/27 (土)
2013年2回小倉1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス2秒1だった。
 金曜に雨が降ったが、土日とも良馬場で昨年夏の開幕週、馬場差マイナス2秒0だったが、これとほぼ同じ超高速だった。ただし、超高速馬場だからと言って、何でもかんでも前残りかと言うと、そうではなかったが、高速馬場への適正の高さが問われた様なレースが多かったかなと思った。2回小倉、これも新潟と同様に6週の開催だが、こちらは8日目まではAコースで9日目からの2週はBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がプラス0秒3だった。
 金曜に雨が降っても土日とも良馬場だったが、ただし土日で差し引き0秒9も馬場差が違うというのがポイント。土曜は金曜の雨の影響が残っていて、日曜はそれが乾いたという事。日曜は差し切り勝ちが目立つが、1000mの12Rはこれは後で触れるがかなりのハイペースだった。1700mの3鞍だが、これで伝わるかどうかわからないが、20世紀の小倉ダート1700mという感じで、最後に坂がある訳ではないのに、残り200mから失速とそういうラップが多かった。なぜそういうラップになったかと言うと、要するにペースアップの地点が残り800mとかその辺になって、ペースアップ地点が速かったためで、馬場状態が差し馬に向いていたという訳ではないと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/07/27 (土)  芝=-2.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 ハッシュ    牝2 未勝利 1:08.2 -1.4 ± -0.1 -1.3 101   C C
2R T1800 ウエスタンレベッカ    牝3 未勝利・牝 1:47.4 -0.6 -0.8 +0.5 -1.9 95   D C
5R T1200 カシノタロン    牝2 新馬・九 1:09.8 ±0 ± +1.3 -1.3 87   E E
6R T1200 ホウライアキコ    牝2 新馬 1:07.8 -2.0 ± -0.7 -1.3 107   B D
9R T1200 トーホウアマポーラ    牝4 伊万里特500 1:07.0 -1.5 ± -0.2 -1.3 102   C D
10R T1800 ドリームトレイン    牡4 不知火H1000 1:45.2 -1.2 ± +0.7 -1.9 93   D C
12R T2000 マーティンボロ    牡4 500万下 1:58.8 -1.1 -0.7 +0.3 -2.1 97   C D

2013-07-27 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1000 サンマルヴィグラス    牡3 未勝利 0:58.6 -0.6 ± -0.2 -0.4 102   C D
4R D1700 ブルーボリウッド    牡3 未勝利 1:45.7 -0.7 ± -0.1 -0.6 101   C E
7R D1700 ワンダーコロアール    牡4 500万下 1:45.0 -0.4 ± +0.2 -0.6 98   C C
11R D1700 ダノンゴールド    牡4 KBC杯1600 1:43.2 -0.6 ± ±0 -0.6 100   C D

         

■ワンポイントアドバイス
新潟芝のディープインパクト産駒
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。