Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2013/07/28 (日)
2013年3回函館2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラス0秒6だった。連続開催ですので、まずはここまで12日間の芝の馬場差を振り返っておくと、マイナス2秒台からマイナス1秒台の速い時計の出るコンディションが続いていたが、先週は土曜がマイナス0秒2と水準に近いレベルとなり、日曜は初めてプラスゾーンになった。
 先週木曜日に大雨が降って、さらに土曜の夜から日曜の朝にかけても雨が降った。土日とも良馬場発表だが、まず土日で差し引き0秒8も馬場差が異なる。さらに1週前までよりもかなり時計が掛かった。例えばだが、2回函館の6日目と先週日曜では1週違うだけで同じBコース、さらに同じ良馬場であるのに差し引き1秒7も違うということ。時計が掛かるようになったから差しが決まるようになったかと言えば、そんな事はない。これで好走馬の父を見ると、ますます函館っぽくなって来たなぁという感じ。まず、クイーンSがファルブラヴ産駒のワンツー。ネオユニヴァース産駒がたくさん好走していて、リンカーン産駒が2勝。そんな中ディープインパクト産駒は1番人気馬が3着と5着。2番人気馬が4着と人気を裏切っていた。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス2秒2だった。こちらもまずはここまで12日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値。さらに1回開催の2日目3R以降マイナス1秒台だったが、先週はマイナス2秒台と一層速い時計の出るコンディションになっていた。
 繰り返しになるが、木曜に大雨が降って土曜の夜から日曜の朝にかけても雨だった。その影響でダートは土日とも稍重で、マイナス2秒台の超高速馬場。超高速馬場なので、パッと見好タイムというのが多い。見ての通りタイムランクAもBもない。こんな事は言わずもがなだが、見た目の好タイムには騙されないようにしてください。ちなみに土曜の7Rがレコードだが、それでもタイムランクCにすぎない。多くのレースが先行馬同士の1着・2着だが、実は人気薄の先行馬が好走したという例はあまりなかった。結果的に前残りばかりだが、前に行った事で馬場の恩恵を受けて好走した、そういうパターンではない。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/07/28 (日)  芝=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 ヴォラータ    牝2 未勝利 1:12.3 +1.1 ± +0.7 +0.4 93   D D
5R T1800 オールステイ    牡2 新馬 1:52.4 +1.1 ± +0.6 +0.5 94   D C
6R T2000 グランスエルテ    牡3 未勝利 2:05.6 +2.4 -0.3 +1.5 +0.6 85   E D
9R T1200 オオタニジムチョウ    牡4 七重浜特500 1:10.5 +0.5 ± +0.1 +0.4 99   C D
10R T1800 ヤマニンリップル    牝5 北洋特H1000 1:50.0 +1.4 ± +0.9 +0.5 91   E D
11R T1800 アイムユアーズ    牝4 クイーンG3 1:49.4 +2.2 ± +1.7 +0.5 83   E D

2013-07-28 (日)  ダ=-2.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 ユウヅキ    牝3 未勝利・牝 1:46.9 -0.9 ± +1.3 -2.2 87   E D
3R D1000 マルイチワンダー    牡3 未勝利 0:58.7 -1.3 ± ±0 -1.3 100   C D
4R D1700 ポイントブランク    牡3 未勝利 1:45.9 -1.9 ± +0.3 -2.2 97   C D
7R D1000 ショウナンワヒネ    牝4 500万下 0:58.9 -0.4 ± +0.9 -1.3 91   E D
8R D1700 エアウィーバー    牡4 500万下 1:44.1 -2.5 ± -0.3 -2.2 103   C D
12R D1700 サンビスタ    牝4 竜飛崎特1000 1:44.0 -1.8 ± +0.4 -2.2 96   D B

         

■ワンポイントアドバイス
新潟芝のディープインパクト産駒
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。