Victory Road

アダルト動画

2013/08/03 (土)
2013年2回小倉3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値ではあるが、4日目つまり先週の日曜は3日目までと比較すれば、1秒以上も時計が掛かった。
 まず土曜は開幕週ほどではないものの、かなり速い時計の出るコンディションだったが、日曜は雨の影響で土曜と比較すれば1秒も時計が掛かった。なお、日曜はレース中にも雨が降って、稍重でスタートして5Rで一旦良馬場になって、9Rからまた稍重となかなか見られないような事が起こった。しかし、馬場差は1つの数値とした。あまり影響はなかったという風に見ている。上位馬の傾向を見ると、前めにつけて内を立ち回った馬が勝って、その後ろからやや外を回った馬が伸びて2着というパターンが目についた。日曜2Rの様に外を回った2頭で決着したというレースもあって、外を回ると全くダメというようなコンディションでもなかった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒5だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、初日は雨の影響が残り、速めの時計が出るレベルだったが、2日目以降はプラスゾーンで4日目はやや時計が掛かった。
 土曜が良馬場、日曜が稍重だったが日曜の方が掛かっていたという事は珍しいが、基本的にダートは雨が降って水分を含むと脚抜きが良くなって時計が出やすくなるものだが、時として、こういうケースもあるという風な事だろう。日曜はレース中にも雨が降ったりしたが、馬場差はやはり1つの数値とした。1000m戦については、前めの馬が有利だったが、1700mについてはレースのペース次第という感じ。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/08/03 (土)  芝=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 テイエムチュラッコ    牝2 未勝利・九 1:09.0 -0.6 ± +0.5 -1.1 95   D E
2R T1800 ヴァンクウィッシュ    牡2 未勝利 1:48.3 -0.4 ± +1.2 -1.6 88   E D
5R T1200 ベルカント    牝2 新馬・牝 1:08.4 -1.4 ± -0.3 -1.1 103 B D
7R T2000 テイコフトウショウ    牝3 未勝利 1:59.5 -1.4 ± +0.4 -1.8 96   D D
8R T1200 ルナフォンターナ    牝4 500万下 1:07.4 -1.1 ± ±0 -1.1 100   C D
9R T1800 アルアマーナ    牝4 都井岬特500 1:45.5 -1.6 ± ±0 -1.6 100   C D
11R T1200 ニンジャ    牡4 九州スポ1000 1:06.9 -1.2 ± -0.1 -1.1 101   C C

2013-08-03 (土)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1700 ウインアルカディア    牡3 未勝利 1:46.7 +0.3 ± ±0 +0.3 100   C C
6R D1700 ランドマーキュリー    牡3 未勝利 1:46.4 ±0 ± -0.3 +0.3 103   C D
10R D1700 リバータイキ    牡4 指宿特別500 1:46.0 +0.6 ± +0.3 +0.3 97   C C
12R D1000 ラファダリ    牝4 500万下 0:59.2 +0.7 ± +0.5 +0.2 95   D C

         

■ワンポイントアドバイス
ダート短距離 逃げ馬に注意
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。