Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/08/03 (土)
2013年3回函館3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒6だった。まずここまで12日間の芝の馬場差を振り返っておくと、1回・2回開催はマイナス1秒を超える速い時計の出るコンディションが続いていたが、3回開催に入って2日目は今年の函館で初めてプラスの数値となった。先週はマイナスゾーンに戻ったが、高速馬場という程のレベルではなかった。
 Bコースも3週目。中間は6ミリ降っただけで、土日良馬場だったが先々週の日曜に重い馬場で競馬をやった影響が残って、流石に時計も掛かってきた。2回開催の最終週0秒5程度遅い馬場。ただし、3・4コーナーの内もそれほど目立った馬場の傷みは見られない。逃げ馬もインを明けて乗るような事はないので、高速馬場ではないがまだまだ走りやすい馬場という事になるだろう。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス0秒8だった。こちらもまずはここまで12日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で先週日曜は今年の函館では初めてマイナス1秒を切る数値となった。
 先週土曜はほぼ2回開催最終週のレベルに戻った。ただ、日曜は土曜より乾いたために少し時計が掛かっている。先週の番組で言っていた様に、パッと見は好タイムがあってもタイムランクAもBもない。見た目の好タイムにはだまされないように。特に土曜5Rはレコードだが、タイムランクはE。これは間違いじゃない。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/08/03 (土)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 アースウィンド    牝2 未勝利 1:51.6 +0.6 ± +1.1 -0.5 89   E D
4R T1200 ビップイシマツ    牡3 未勝利 1:10.3 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C D
6R T1200 タカミツスズラン    牝2 新馬 1:11.1 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C D
10R T2000 アルティスト    牡6 陸奥湾特500 2:01.8 -0.4 ± +0.1 -0.5 99   C C
11R T1200 メジロツボネ    牝5 STVH1000 1:09.7 +0.1 ± +0.4 -0.3 96   D C
12R T2600 ヒルノドンカルロ    牡3 松前特別1000 2:41.5 -0.4 ± +0.3 -0.7 97   C D

2013-08-03 (土)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 バーニーズ    牡3 未勝利 0:59.2 -0.8 ± -0.2 -0.6 102   C C
3R D1700 ゴールデンファレノ    牝3 未勝利・牝 1:47.5 -0.3 ± +0.8 -1.1 92   D D
5R D1700 メイショウスミトモ    牡2 新馬 1:49.8 +0.5 ± +1.6 -1.1 84   E D
7R D1700 スカーレル    牝4 500万下・牝 1:45.5 -1.1 ± ±0 -1.1 100   C D
8R D1000 エリモフェザー    牝3 500万下 0:58.8 -0.5 ± +0.1 -0.6 99   C D
9R D1700 バイオレットアロー    牡3 500万下 1:45.9 -0.7 ± +0.4 -1.1 96   D D

         

■ワンポイントアドバイス
ダート短距離 逃げ馬に注意
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。