Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2013/08/11 (日)
2013年2回新潟6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒7。直線1000mは土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロだった。まずここまで3週の馬場差を振り返っておくと、3週目の先週が最も時計が出やすくなった。直線1000mについては、2日目以降マイナス0秒2の馬場差が続いていたが、先週の日曜はプラスマイナスゼロになった。
 1週間ほとんど雨が降らない状態で土曜日を迎えて、梅雨が明けずに雨に祟られた過去4日間とは違って、この開催初めてのパンパンの良馬場となった。土曜の新潟が所謂標準的な新潟競馬場の芝と言えるかもしれない。ただ、日曜は少し時計が掛かったが、どうも土曜の夕方に激しい夕立が降ったらしく、それほど極端な悪化じゃないが、レースでも逃げ馬が内を空けるような事はないが、土曜に比べるとわずかに時計が掛かるコンディションだったと、考えるべきだろうか。2回新潟はこの後トータル6週だが、この後最終週までずっとAコースになる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がプラス0秒1。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒6だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておく。1800mは水準に近いものの、プラスの数値が続いていたが、4日目は雨の影響で時計が出やすくなった。先週の土曜については、マイナスゾーンだったが4日目と比較すれば水準レベルに近づき、日曜はプラスの数値となった。1200mは2日目以降はマイナスゾーンで特に4日目以降は時計の出やすいレベルになっている。
 ほとんど雨が降らなかったために、4日目と比較すると1800mは水準レベルに戻った。ただ、1200mについてはそんなに掛かってきていない。脚質傾向は新潟ダートらしく、前めの馬が有利。特に1200m戦は顕著だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/08/11 (日)  芝=-0.7 / 直=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 コスモドーム    牡2 未勝利 1:10.0 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   D D
2R T1400 ショウナンダイチ    牡3 未勝利 1:22.1 -0.2 ± +0.3 -0.5 97   D C
4R T2000 メロディフェア    牝3 未勝利 2:02.7 +1.1 ± +1.8 -0.7 82   E C
5R T1600 フォーエバーモア    牝2 新馬・牝 1:37.1 +1.5 -0.9 +1.2 -0.6 88   S C
6R T1400 ルミナスパレード    牝2 新馬 1:23.3 +0.1 ± +0.6 -0.5 94   D D
9R T2000 ロジサンデー    牡4 浦佐特別500 1:58.0 -2.0 ± -1.3 -0.7 113 A D
11R T1600 レッドスパーダ    牡7 関屋記念G3 1:32.5 +0.4 ± +1.0 -0.6 90   E C
12R T1000 ヨシカワクン    牝3 500万下・牝 0:55.9 +0.6 ± +0.6 ±0 94   D C

2013-08-11 (日)  ダ=+0.1 / 1200m=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1800 エルマンボ    牡3 未勝利 1:54.7 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D D
7R D1200 ランドクイーン    牝3 500万下・牝 1:11.2 -0.7 ± -0.1 -0.6 101   C C
8R D1800 スギノハルバード    牡3 500万下 1:53.6 +0.8 ± +0.7 +0.1 93   D D
10R D1800 セイカフォルトゥナ    牝4 瀬波温H1000 1:52.0 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C B

         

■ワンポイントアドバイス
新潟芝・直線1000m→ダートの短距離戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。