Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2013/09/01 (日)
2013年4回函館6日目

■馬場コメント
 先週も芝の馬場差は設定不能だった。今年の函館だが、前半6週の芝は速い時計の出るコンディションだったが、3回開催になって総じて時計が掛かるようになり、4回開催は雨の影響を強く受けて初日の馬場差がプラス2秒1、2日目以降は全て設定不能とした程かなり時計の掛かるコンディションだった。
 もうすでに回復不能というダメージを受けているところにトドメの雨が降ってしまって、特に1800m以上の中・長距離は猛烈に時計の掛かる馬場となった。言うまでもなく馬場差設定不能とせざるを得ないが、1800mは2000mのタイム、2000mは2200mのタイムというそういうレベル。むしろ、それよりも遅いというレベルだった。1800m以上は壮絶なもがき合いという競馬が繰り返されたが、馬も騎手も疲れますし、なおかつ実況アナウンサーもさぞかしお疲れだったと思う。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス2秒5からマイナス2秒9、そしてマイナス2秒3へと変動、日曜はマイナス2秒2からマイナス3秒1へと変動した。今年の函館ダートは全てマイナスの馬場差だった。マイナス1秒台の数値が今年の開催では標準的なもので、雨の影響で脚抜きが良くなると、さらに速いレベルになった。先週の土日は全てマイナス2秒を超える数値で、日曜の12Rではマイナス3秒1と超高速馬場となった。
 土曜は1日中雨が降っていて、重から不良に変化した。日曜は1日中馬場状態は不良だが、途中から雨が降っていて、どちらも馬場差は変動となった。まず土曜だが、これはV字型の変動で、1Rがマイナス2秒5、徐々に高速化して5Rがマイナス2秒9、その後は水が浮いて時計が掛かるようになって、9Rでマイナス2秒3だが、いずれにしても変動幅は小さくて、1日を通して超高速馬場だったという認識で問題ないと思う。日曜は雨が降っていなかった5Rまではマイナス2秒2で一定だった。小雨だった7Rと9Rはマイナス2秒5で、その後雨が強くなって12Rはマイナス3秒1という1年に1度あるかどうかというスーパーウルトラ高速馬場となった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/09/01 (日)  芝=----
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 アグネスドリーム    牡2 未勝利 1:58.2 +7.2 ± -- --   - B
4R T1200 レディオブオペラ    牝3 未勝利 1:13.7 +3.1 ± -- --   - C
6R T1200 スマートオリオン    牡3 500万下 1:13.5 +3.5 ± -- --   - D
8R T2000 ゼログラヴィティー    牡4 500万下 2:12.5 +10.3 ± -- --   - D
10R T1200 フクノドリーム    牝2 すずらん 1:14.3 +4.0 ± -- --   - D
11R T2600 サイモントルナーレ    牡7 丹頂SH 2:54.7 +14.2 ± -- --   - E

2013-09-01 (日)  ダ=-2.2 → -3.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 ローレルシャイニー    牡3 未勝利 0:59.0 -1.0 ± +0.3 -1.3 97   D C
3R D1700 フリティラリア    牝3 未勝利・牝 1:46.5 -1.3 ± +0.9 -2.2 91   E D
5R D1700 サトノスーペリア    牡2 新馬 1:47.5 -1.8 ± +0.4 -2.2 96   D C
7R D1700 ブラインドサイド    牡4 500万下 1:44.0 -2.6 ± -0.1 -2.5 101   C D
9R D1700 ウエスタンオウジ    牡3 500万下 1:44.2 -2.4 ± +0.1 -2.5 99   C C
12R D1700 ロイヤルクレスト    牡5 釧路湿原1000 1:42.0 -3.8 ± -0.7 -3.1 107   B C

         

■ワンポイントアドバイス
北海道デビュー組 神話の終焉?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。