Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/09/29 (日)
2013年4回阪神9日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス1秒1だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、前半2週は雨の影響で馬場差が安定せず、1日の中でも変動する日が3日あった。代替5日目は馬場が乾いて行き、マイナス0秒9。そして後半2週はマイナス1秒台の数値となった。
 タイム差だけを見れば、馬場差マイナス1秒2?いやもっと時計が掛かっているのでは?という声も多いと思うが、だけどなぜマイナス1秒2になったかと言うと、補正の入ったレース、ペースが緩やかと言うか要するにスローペースが多かったという事。基本的に本当は速い時計の出やすいコンディションだったと考えるべきだと思う。3週目と比べれば、時計は掛かっていた。脚質面では特に目立った傾向はなかったが、ペースとの関わりで言えば、緩やかな流れでも中団・後方から十分届くというコンディションだったと言えると思う。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、前半2週は馬場差が安定しなかった。マイナスゾーンの日が多く、その中でもマイナス2秒を超える超高速馬場の日もあった。また、代替5日目は開催を通して唯一のプラスゾーンになった。そして、後半2週を見てみると、7日目はマイナス0秒6。それ以外の日はマイナス0秒3だった。
 中山ダート1800mと同じで4日目はかなり脚抜きの良いコンディションだった。しかし1日置いた代替5日目は一転してプラスゾーン。プラス0秒1という数値だけを見れば、水準レベルという事になるが、乾いた馬場ではなかったのに4日目と比較すると大きく時計が掛かっているという事。この点はちょっと注意したい。
 時計の出方としては水準より若干速いというレベルだった。脚質については目だった偏りはないが、能力のある差し馬なら直線伸びるというコンディションだった。土曜11RのシリウスSを勝ったケイアイレオーネがそうですし、日曜12Rも後方の追い込み2頭で決着した。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/09/29 (日)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 ワンアンドオンリー    牡2 未勝利 1:36.5 +0.6 -0.9 +0.6 -0.9 94   D C
5R T1400 ダイワダルタニアン    牡2 新馬 1:23.6 +0.2 -0.3 +0.7 -0.8 93   D C
7R T1800 マルタカシクレノン    牡5 500万下 1:47.1 -0.2 -0.6 +0.2 -1.0 98   C D
9R T2400 バンデ    牡3 兵庫特H1000 2:27.8 +1.4 -1.2 +1.5 -1.3 85   S C
10R T1200 リトルゲルダ    牝4 道頓堀S1600 1:08.4 -0.1 ± +0.6 -0.7 94   D C
11R T1600 ドリームバスケット    牡6 ポートア 1:32.9 +0.1 ± +1.0 -0.9 90   E D

2013-09-29 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ナムラユキヒメ    牝2 未勝利 1:55.5 +0.3 ± +0.6 -0.3 94   D D
3R D1400 ウインドストリーム    牝3 未勝利 1:25.9 +0.2 ± +0.4 -0.2 96   D D
6R D1800 メイショウオオカゼ    牡3 500万下 1:52.8 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C C
8R D1200 ヤマニンメンヒル    牡4 500万下 1:12.3 ±0 ± +0.2 -0.2 98   C C
12R D1800 マヤノオントロジー    牡4 1000万下 1:51.5 -0.8 ± -0.5 -0.3 105 B C

         

■ワンポイントアドバイス
馬券は買い方である!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。