Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2013/10/13 (日)
2013年4回京都4日目

■馬場コメント
 芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス1秒8、月曜がマイナス1秒7だった。ここまでの5日間を振り返っておくと、1週目はマイナス2秒台の高速馬場で、先週は1週目より水準方向に動いたが、マイナス1秒台と速い時計の出るコンディションだった。その中で先週の土曜は他の開催日と比較すれば、時計が掛かった。
 土曜は実はダートが稍重だったように、含水率が高くて1週目のマイナス2秒台の超高速馬場に比べると、1秒以上時計の掛かる馬場だったが、馬場が乾いた日曜は流石に開幕週ほどではなかったが、まだまだかなりの高速馬場という部類だった。なおかつ、まだ内が有利さが、面白いのは外からの差しが決まったのは、内回り2000mが多い。先行有利を意識してペースが速くなっり、内有利を意識して内に馬が密集してしまったりというのが、原因として考えられる。
 改めて月曜芝2000m対象の馬場差はマイナス1秒7だった。月曜で特に特記事項はないが、月曜は日曜とほぼ同じレベルの馬場差で速い時計の出るコンディションだった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜・月曜はマイナス0秒4だった。ここまで5日間の馬場差を振り返っておくと、1週目水準に近い数値ではあるがプラスの数値だった。対して先週の土曜はマイナス1秒台。日曜・月曜はマイナスゾーンではあるが、土曜と比較すると0秒7の時計が掛かった。
 土曜は稍重でマイナス1秒を超えた。4コーナー先頭または2番手の2頭のどちらかは2着以内に入っていたが、良馬場で馬場差マイナス0秒4まで戻った日曜も1・2着両方差しというのは12Rだけで、ことさらに土曜が先行有利だったという訳ではない。
 月曜ダート1800m対象の馬場差はマイナス0秒4だった。月曜は日曜と馬場差は同じでも、差し馬の好走例が日曜より増えたが、馬場の傾向に変化があったという事ではないと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/10/13 (日)  芝=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1400 メイショウアサツユ    牝2 未勝利・牝 1:21.2 -1.6 ± -0.3 -1.3 103   B C
4R T2000 エイシンアロンジー    牡2 新馬 2:02.1 -0.5 -0.9 +0.4 -1.8 96 D C
7R T1200 レディオブオペラ    牝3 500万下 1:07.1 -2.0 ± -0.9 -1.1 109   A C
9R T2200 ラキシス    牝3 鳴滝特別1000 2:14.9 +1.8 -1.0 +2.8 -2.0 72 S C
10R T1200 トーホウアマポーラ    牝4 壬生特H1000 1:07.8 -0.9 ± +0.2 -1.1 98   C C
11R T2000 メイショウマンボ    牝3 秋華賞G1 1:58.6 -0.3 ± +1.5 -1.8 85   E C

2013-10-13 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1400 スザク    牡2 未勝利 1:25.1 -0.9 ± -0.6 -0.3 106 B D
3R D1800 パッシングブリーズ    牡2 新馬 1:56.7 +1.8 -0.8 +1.4 +0.4 86   S D
5R D1400 モズマッテタワ    牝3 500万下・牝 1:24.7 +0.2 ± +0.5 -0.3 95   D D
6R D1800 エーシンスピーダー    牡4 500万下 1:53.4 +0.8 -0.6 +0.6 +0.2 94   D D
8R D1200 メイショウユメゴゼ    牝4 500万下 1:11.5 -0.4 ± -0.1 -0.3 101   C D
12R D1200 スイートジュエリー    牝4 藤森S1600 1:11.0 +0.3 ± +0.6 -0.3 94   D C

         

■ワンポイントアドバイス
ノーブルディードとティアップゴールドが残る馬場
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。