Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2013/10/20 (日)
2013年4回東京7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜が設定不能だった。まずはここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、3日間開催の2週目はマイナス1秒台の速い時計の出るコンディションだったが、1週目と3週目は雨の影響を受けた。特に先週の日曜は雨の影響を強く受け、設定不能となった。
 土曜は良馬場だが、週半ばの台風の大雨の影響が残っていたようで、1週前と比べるとかなり時計の掛かる馬場。と言っても、ちょうど水準の馬場だが、1週前との比較で言うと、大分外が伸びるようになっていた。そして日曜はほぼ1日中雨だった。馬場差を設定するとすると、もちろん変動になるが、そうして行っても後半がプラス5秒を超えるレベルになってしまうので、設定不能とした。日曜は先行した馬が内を空けて走るようになって、内はかなり傷んでいたが、今週からBコースに移る。という事で、内の傷んだ部分が仮柵の内側に入るので、馬場の傾向というのはリセットされるはず。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がマイナス0秒5からマイナス1秒4へと変動した。まずは、ここまで7日間の馬場差を振り返っておく。重か不良馬場の初日・2日目・7日目は全て1日の中でも時計の出方が変わる変動となっている。また、3日目から6日目までは良馬場だったが、時計の出方は安定していない。
 土曜は良馬場で馬場差はプラスマイナスゼロ。ただし、4日目・5日目よりは速い時計が出るコンディションだったという事。そして日曜はずっと雨が降っていて、後半は高速馬場となった。日曜の変動だが、3Rがマイナス0秒5、6Rがマイナス1秒2で7Rと11Rはマイナス1秒4。雨が降り続けていたのに、6R以降は変動の幅が大きくなくて、なおかつ7Rと11Rが同じ馬場差だが、これはもう脚抜きが良いを通り越してしまったというダートの不良馬場の定石という変動の仕方。そして、土曜より日曜の方が差し馬の好走が多かった。実は東京ダートの不良馬場と言うのは、かなり差しが決まりやすい。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/10/20 (日)  芝=----
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 ルナレディ    牝2 未勝利 1:37.5 +1.4 ± --     - D
2R T2000 デルカイザー    牡2 未勝利 2:05.5 +3.0 -0.6 --     - E
5R T1400 ルミニズム    牡2 新馬 1:27.3 +3.7 -0.6 --     - D
8R T1600 レッドセシリア    牝3 500万下 1:37.6 +2.8 ± --   - C
9R T1800 トーセンアルニカ    牝3 山中湖特1000 1:53.4 +6.4 -1.0 --     - C
10R T1800 ディサイファ    牡4 甲斐路S1600 1:51.8 +5.5 -0.7 --     - C
12R T1600 ガチバトル    牡3 1000万下 1:39.0 +4.8 ± --     - C

2013-10-20 (日)  ダ=-0.5 → -1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1400 ブルーボサノヴァ    牝2 新馬 1:26.7 +0.1 ± +0.5 -0.4 95   D D
6R D1300 マリントウショウ    牝4 500万下 1:18.6 +0.1 ± +1.1 -1.0 89   E C
7R D1600 ダンディーレイ    牡3 500万下 1:36.2 -1.8 ± -0.4 -1.4 104   B C
11R D2100 ベルシャザール    牡5 ブラジルH 2:08.3 -1.2 ± +0.6 -1.8 94   D C

         

■ワンポイントアドバイス
新潟2歳S組のその後
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。