Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2013/10/26 (土)
2013年4回京都8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3からプラスマイナスゼロへと変動、日曜がマイナス0秒3だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はマイナス2秒台その後6日目までマイナス1秒台だったが、7日目以降は雨の影響で時計が掛かった。ただし9日目は馬場が乾き、マイナスの数値にはなった。
 土日とも程度の差はあるが、雨の影響があって土曜日は5Rまでがプラス0秒3、9Rから11Rまではプラスマイナスゼロという馬場差。変動ではあるが、その変動の仕方は緩やかだった。日曜はさらに乾いて馬場差マイナス0秒3だが、今開催の京都の芝というのは4週目であってもパンパンの良馬場ならマイナス1秒ぐらいまで行く、そういう馬場のはずなので、良馬場の日曜でも雨の影響は残っていたという事だと思う。前回の放送で、道悪の京都Aコースは内が有利になりやすいと言ったが、先週正にその通りだった。この様な馬場だとスローの先行で、好走した馬というのはかなり割引が必要ですし、ハイペース先行で好走していても、ちょっと割り引く必要がある。今週からBコース使用となる。その事で急に外差しがバンバン決まるようになるとは思わないが、3日目とかあるいは先週ほど極端に内有利ではないと見る。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒5からマイナス1秒9へと変動、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと1週目は水準に近い数値とは言え、プラスゾーンだったが3日目以降は全てマイナスの数値。特に雨の影響のあった7日目・8日目はかなり脚抜きの良いコンディションだった。
 土曜はずっと重だが、馬場差は変動で2Rがマイナス2秒5、そこから少しずつ水準方向に動いて12Rでマイナス1秒9だが、1日を通して超高速馬場だったという認識で間違いないと思う。日曜は稍重でマイナス0秒8。土曜よりは時計が掛かるようになったが、まだ高速馬場の部類だった。土日とも京都にしては差し・追い込み馬の好走が目立つが、これはハイペースが多かった事も影響しているはず。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/10/26 (土)  芝=+0.3 → ±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1400 インヴォーク    牝2 未勝利 1:22.2 -0.6 ± -0.8 +0.2 108 A D
3R T1600 マコトサダイジン    牡2 未勝利 1:36.3 +0.7 ± +0.5 +0.2 95   D D
4R T1400 ダンツキャンサー    牝2 新馬・牝 1:23.3 +0.3 ± +0.1 +0.2 99   C D
5R T2000 モンドシャルナ    牡2 新馬 2:05.5 +2.9 -1.3 +1.3 +0.3 87   S C
9R T1800 デリッツァリモーネ    牡2 萩S 1:48.4 +0.8 ± +0.8 ±0 92   D C
10R T1800 アルキメデス    牡4 八坂S1600 1:50.6 +4.6 -1.1 +3.5 ±0 65   S D
11R T1400 コパノリチャード    牡3 スワンSG2 1:20.8 +0.5 -0.3 +0.2 ±0 98   C C

2013-10-26 (土)  ダ=-2.5 → -1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1200 グラナディラ    牝2 未勝利 1:12.0 -1.1 ± +0.6 -1.7 94   D D
6R D1400 アルボナンザ    牝3 500万下 1:22.9 -1.6 ± +0.2 -1.8 98   C B
7R D1800 ラローザブル    牡3 500万下 1:49.7 -2.9 ± -0.7 -2.2 107   B C
8R D1400 シルヴァーグレイス    牝3 1000万下・牝 1:23.2 -0.6 ± +1.0 -1.6 90   E C
12R D1200 ミッキーホワイト    牡5 1000万下 1:10.6 -0.7 ± +0.6 -1.3 94   D D

         

■ワンポイントアドバイス
ユニコーンS組が頑張りだした
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。