Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2013/10/27 (日)
2013年4回東京9日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、日曜がマイナス0秒3からマイナス0秒9へと変動した。まずはここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、2日目の11Rと3日間開催の2週目はマイナス1秒台の速い時計の出るコンディションだったが、他の週は雨の影響を受けた。特に7日目・8日目は馬場差を設定不能にしたほど時計が掛かっていた。
 先週からBコースに移ったが、雨の影響が大きすぎて、コース移動による時計の出方の変化とか、そういうものはわからなかった。土曜日は完全な不良馬場で馬場差は設定不能としたが、5R以降は馬場差を仮に設定したとするとタイムランクがスローのSばかりになる、そういうランクレースばかり続いていた。日曜は内有利という決着が多かったが、徐々に乾いて行く馬場だったためなのか、Bコースに移ったためなのかこれはちょっと不明。来週まで引き続きBコースだが、先週の傾向がそのまま当てはまるとはちょっと限らない。日曜の変動は1Rと2Rがどちらもマイナス0秒3、そこから徐々にマイナス方向に動いて、11Rがマイナス0秒9。特殊な変動ではありませんし、変動幅もそれほど大きくはなかった。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス1秒5からマイナス0秒7へと変動した。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受け、速い時計の出やすい日の方が多かったが、4日間は変動。良馬場だった2週目にしても時計の出方は異なり、馬場差は安定しなかった。
 先週は土日とも含水率が高くて高速馬場だった。土曜はレース中に雨が降っていたが、結果的には馬場差は変動ではなかった。そして徐々に乾いて行った日曜が変動で、その変動具体的には3Rがマイナス1秒5で土曜と同じだった。そこからは大体30分毎に0秒1ずつ水準方向に動いて行くという感じで、12Rがマイナス0秒7。先週は徹底的に好位より前につけた馬が勝っているが、人気薄の馬が先行策で勝ったという例はなかった。馬場が先行馬向きだったというよりも、強い馬が前に行って勝っていたのだろうと解釈する。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/10/27 (日)  芝=-0.3 → -0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 ピンクベリーニ    牝2 未勝利 1:52.4 +3.2 -1.5 +2.0 -0.3 80   S C
2R T1600 ダイワレジェンド    牝2 未勝利・牝 1:35.4 -0.7 ± -0.5 -0.2 105   B C
4R T2000 ラングレー    牡2 新馬 2:05.7 +2.9 -1.4 +1.9 -0.4 81   S C
7R T2000 シャドウウィザード    セ3 500万下 2:01.1 +0.3 ± +0.8 -0.5 92   D C
8R T1400 マイネルディアベル    牡2 くるみ賞500 1:22.4 -0.3 ± +0.2 -0.5 98   C D
9R T1400 ネオウィズダム    牡3 国立特H1000 1:20.3 -1.4 ± -0.8 -0.6 108 A C
11R T2000 ジャスタウェイ    牡4 天皇賞秋G1 1:57.5 -0.9 ± ±0 -0.9 100   C C

2013-10-27 (日)  ダ=-1.5 → -0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1600 ジャッカスバーク    牡2 新馬 1:39.0 -1.3 -0.4 -0.2 -1.1 102   C D
5R D1600 ソラニー    牡3 500万下 1:37.0 -1.0 ± +0.3 -1.3 97   C D
6R D1300 タガノトネール    セ3 500万下 1:17.4 -1.1 -0.1 -0.2 -0.9 102   C C
10R D1600 ロイヤルクレスト    牡5 秋嶺S1600 1:35.2 -1.2 ± -0.3 -0.9 103 C C
12R D1400 サクラレグナム    牡4 河口湖特1000 1:23.4 -0.8 ± -0.2 -0.6 102 C C

         

■ワンポイントアドバイス
ユニコーンS組が頑張りだした
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。