Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2013/11/17 (日)
2013年5回東京6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス1秒4だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催の最終週は雨の影響を受けたが、この開催に入って全てマイナスの数値。その内4日目までは少しずつ水準方向に近づいていたが、Cコースに替わった先週はマイナス1秒台となった。
 先週からCコースに替わった事が要因としても、連続開催の7週目になって時計の出やすいレベルに戻って、この秋の東京で最も速かった4回東京の2週目と同じ馬場差になった。今週も雨の影響がなければ、恐らく先週ぐらいのレベルだろう。外が伸びないという訳ではないが、コース替わりでやはり内めを突いて来る馬が多かった。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催4週目は雨の影響で脚抜きの良いコンディションだったが、この開催に入ってマイナスの数値はなく、水準レベルかそれに近いコンディションが続いている。
 この開催に入って3日目を除けば、プラスマイナスゼロかプラス0秒1の馬場差。その3日目にしてもプラス0秒3ですから、大きく動いた訳ではない。
先週は長距離の2100mだけでなく、1600mでもペース補正が入っているレースがある。見かけの時計をそのまま比較して良いとも言い切れないので、その点は注意。また、連対馬の脚質だが、土曜は差し馬が5連対だったが、日曜は力のある馬が前につけたという事もあるが、逃げ馬が4連対など連対馬10頭中9頭が前めの馬で決まっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/11/17 (日)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 サニーデイズ    牡2 未勝利 1:35.5 -0.6 ± +0.5 -1.1 95   D D
3R T1800 ティックルゴールド    牝2 未勝利・牝 1:49.1 -0.1 -0.8 +0.4 -1.3 96   D C
5R T1800 ビップレボルシオン    牡2 新馬 1:48.7 -0.8 -0.6 -0.1 -1.3 101   C C
6R T1400 ダンスアミーガ    牝2 新馬 1:22.7 -0.9 -0.2 -0.1 -1.0 101   C D
8R T1800 ハーコット    牡4 1000万下 1:48.1 +1.1 -0.8 +1.6 -1.3 84   S C
9R T1400 ショウナンアチーヴ    牡2 からまつ500 1:22.0 -0.7 -0.3 ±0 -1.0 100   C D

2013-11-17 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ハットシテグー    牝2 未勝利 1:26.7 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C D
7R D2100 オパールパワー    牡4 500万下 2:13.5 +1.3 ± +1.2 +0.1 88   E C
10R D1600 タイセイスティング    牡4 錦秋SH1600 1:36.2 -0.2 -0.2 -0.5 +0.3 105   B C
11R D1400 エーシントップ    牡3 霜月SH 1:23.7 +0.9 ± +0.8 +0.1 92   E D
12R D1600 シグナルプロシード    牡3 1000万下 1:37.7 +0.5 -0.5 -0.1 +0.6 101   C C

         

■ワンポイントアドバイス
上積みも重視
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。