Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2013/11/23 (土)
2013年5回京都7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒2だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた4日目は後半プラス2秒を超える数値になったが、他の7日間はマイナスゾーン。
 京都はこの開催初日にBコースに替わって、高速馬場に戻った。そして5日目からはCコース使用。その5日目は週なかの雨の影響が残っていて、6日目以降はマイナス1秒台だった。さらに開催3週目よりも先週の方が時計が出やすかった。
 先週、位置取りでは前の馬も差し馬もいて、目立った偏りはなかったと思う。コース取りについては、最終週だから外からの馬という事はなく、日曜後半の3鞍では、全て内を通った馬が連対していた。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロだった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、7日目まではマイナスゾーンだったが、8日目は秋の京都開幕週以来となるマイナスの数値ではない数値だった。
 先週の土曜にしても、マイナスの馬場差ではあったが、水準に近いレベルだった。そして日曜はプラスマイナスゼロ。この開催では最も乾いたコンディションになった。時計の出方は変化していますし、言うまでもなく単純な時計の比較はできない。さて、連対馬の脚質を見ると、中団・後方の馬が5頭連対しており、その内1800mの3鞍全てで中団・後方の馬が連対した。特に日曜の2鞍は後方から追い込んでいる。年明けの開催でどうなるかわからないが、一応この傾向は記憶にとどめておきたい。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/11/23 (土)  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1400 トシストロング    牡2 未勝利 1:21.7 -1.1 ± -0.2 -0.9 102   C C
5R T2000 ジョウノムサシ    牡2 未勝利 2:01.1 -1.2 -0.8 -0.7 -1.3 107   B C
7R T1600 アグネスキング    牡2 新馬 1:36.0 +0.1 -0.4 +0.7 -1.0 93   D C
8R T1600 ダノンルージュ    牝3 500万下 1:33.8 -0.7 ± +0.3 -1.0 97   C C
9R T2000 トーセンスターダム    牡2 京都2歳 2:00.8 -0.1 -1.0 +0.2 -1.3 98   C C
11R T1200 アースソニック    牡4 京阪杯G3 1:07.5 -0.4 -0.1 +0.3 -0.8 97   D D

2013-11-23 (土)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ダイリュウキセキ    牝2 未勝利・牝 1:25.9 -0.1 ± +0.1 -0.2 99   C D
3R D1200 マッドアバウトユー    牝2 未勝利 1:12.9 -0.2 ± -0.1 -0.1 101   C D
6R D1200 トウケイタイガー    牡2 新馬 1:14.3 +1.0 ± +1.1 -0.1 89   E D
10R D1800 マイネルクロップ    牡3 花背特別1000 1:51.6 -0.2 ± ±0 -0.2 100   C B
12R D1400 ワイドバッハ    牡4 1000万下 1:24.6 +0.8 ± +1.0 -0.2 90   E C

         

■ワンポイントアドバイス
大型馬を狙え!!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。