Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2013/12/08 (日)
2013年5回中山4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラス0秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1週目がマイナス0秒4、先週はやや時計が掛かり、水準前後の馬場差となった。土曜はマイナスの数値だったが、日曜はプラスの数値になった。
 先々週にしてもマイナスゾーンの数値とは言え、開幕週という事を考えれば速い時計の出るコンディションではなかった。先週はそれと比較してさらに時計が掛かった事になる。なお、日曜は土曜と比較して中団・後方からの差し馬の上位進出が少なかったが、それはペースの影響も大きい。実際日曜の芝の5鞍は全て補正が入っていた程で、前めにつけた馬が粘っていた。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒7、1200m対象の数値は土日ともにプラス0秒2だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1800m・1200mとも1週目より時計が掛かっていた。
 特に1200mは開幕週がマイナスゾーンだったのに対して、先週はプラスゾーンに入った。先々週は1200mは先行馬、1800mは差し馬優勢の傾向だったが、先週については1200m・1800mとも中山らしく、好位以内につけた馬の活躍が目立った。少なくとも道中は中団ぐらいにいないと厳しくて、後方にいた馬の連対はカペラS2着のスノードラゴンのみだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/12/08 (日)  芝=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1800 シーロア    牝2 未勝利 1:51.2 +1.2 -0.6 +0.5 +0.1 95   D C
5R T2000 クインズチャイルド    牡2 新馬 2:06.5 +3.0 -0.7 +2.2 +0.1 78   S C
6R T1600 フォワードカール    牝2 新馬・牝 1:40.8 +4.3 -0.3 +3.9 +0.1 61   S D
10R T1800 レッドレイヴン    牡3 美浦S1600 1:48.2 +1.0 -0.6 +0.3 +0.1 97   C C
12R T1600 チャーチクワイア    牝4 1000万下・牝 1:35.5 +1.1 -0.6 +0.4 +0.1 96   D C

2013-12-08 (日)  ダ=+0.7 / 1200m=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ケイジージュピター    牡2 未勝利 1:13.1 +0.1 ± -0.1 +0.2 101   C C
2R D1800 アールプロセス    牡2 未勝利 1:57.4 +1.3 ± +0.6 +0.7 94   D C
7R D1800 サトノスーペリア    牡2 500万下 1:55.8 +0.8 ± +0.1 +0.7 99   C C
8R D1800 アップルハウス    牡3 500万下 1:55.9 +1.9 ± +1.2 +0.7 88   E D
9R D1200 タイセイマスタング    牡4 舞浜特別1000 1:11.3 ±0 ± -0.2 +0.2 102   C C
11R D1200 ノーザンリバー    牡5 カペラSG3 1:10.7 +0.6 ± +0.4 +0.2 96   D C

         

■ワンポイントアドバイス
スローペースでも差し馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。