Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/12/15 (日)
2013年5回中山6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。まず、ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週の2日間はマイナス0秒4、3日目はマイナス0秒1と水準に近づき、4日目以降は全てプラス0秒1の馬場差が続いている。
 安定していると言えば、安定している。そもそも開幕週にしてもマイナスゾーンとは言え、高速馬場ではなかった。この推移を見ていると、今週急に高速化するとは考えにくい。
 先週については、日曜の方が差し馬の上位進出が目についた。これはシンプルに馬場を使ってきた影響と見る。コース取りは内を突いて伸びてくる馬が居る一方で、大外を回っても届いていた。典型例は日曜12R、内から伸びたサンライズメジャーが勝って、頭差2着のフラアンジェリコは大外回って追い込んで来た。ただ、トータルで見ると外差しが目立って来た印象。同じAコース使用の今週はこの傾向が強くなる可能性もある。もちろん有馬記念でコース取りの有利・不利があるのか、気にすべきだが3日間開催なので、最終日月曜、これはより一層注意しておいきたい。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒4、1200m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておく。1800mは全てプラスゾーンで、2週目は1週目・3週目と比べ時計が掛かっていた。なお、3週目の先週は1週目と同じ馬場差だった。1200mは1週目がマイナス0秒2、2週目は時計が掛かってプラス0秒2、3週目の先週は水準の数値となった。
 中山は1800mと1200mで時計の出方が比例しないが、ここまでの推移には共通点があって、2週目が最も時計が掛かっていた。それに比べると先週はやや時計が出やすくなっている。あと1200mについては週ごとに時計の出方が異なるが、大まかに水準レベルの推移だと見て良いと思う。
 連対馬の脚質については、先々週とほとんど同じで、勝つためには好位以内に位置していないと厳しい状況だった。後方からの連対は土曜8Rの2着馬のみだった。今週も良馬場なら同様の傾向と考えた方が良い。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/12/15 (日)  芝=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 ヴァンデミエール    牝2 未勝利 1:10.8 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D C
4R T2000 ヴァルコイネン    牡2 未勝利 2:05.2 +2.0 -0.8 +1.1 +0.1 89   S C
5R T1600 ホットランナー    牝2 新馬 1:40.0 +3.5 -0.8 +2.6 +0.1 74   S C
9R T2000 ミエノワンダー    牡3 チバテレ1000 2:00.6 -0.3 ± -0.4 +0.1 104   B C
11R T1600 アジアエクスプレス    牡2 フューチG1 1:34.7 -0.1 ± -0.2 +0.1 102 C D
12R T1600 サンライズメジャー    牡4 南総SH1600 1:34.2 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   C C

2013-12-15 (日)  ダ=+0.4 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 アイティダイヤ    牝2 未勝利 1:12.9 -0.1 ± -0.1 ±0 101   C C
2R D1800 ツクバホシノオー    牡2 未勝利 1:57.2 +1.1 ± +0.7 +0.4 93   D C
6R D1800 ファンシーミューズ    牝2 新馬 1:58.8 +2.3 -0.4 +1.5 +0.8 85   S D
7R D1800 ハードロッカー    セ4 500万下 1:54.8 +0.8 ± +0.4 +0.4 96   D D
8R D1200 サクラインザスカイ    牡4 1000万下 1:11.4 +0.1 ± +0.1 ±0 99   C C
10R D1200 サウンドガガ    牝4 仲冬S1600 1:11.2 +0.5 ± +0.5 ±0 95   D C

         

■ワンポイントアドバイス
ライアン・ムーア
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。