Victory Road

DMM.make DISPLAY

2013/12/15 (日)
2013年5回阪神6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒2だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、前半2週はマイナス1秒台の速い時計の出るコンディションだったが、先週は一転してプラスの数値になった。
 プラスゾーンとは言え、水準に近いレベルではあるが、前半2週と比較すればかなり時計は掛かっていた。と言うのも、良馬場発表も週半ばの雨の影響が残って、気温も下がってなかなか乾かなかったためだと思う。実際、馬場の内側は悪くて、馬によっては脚を取られるとコメントするジョッキーもちらほら見られた。なお、最終週の今週はBコースが使用される。
 土日で比較すると日曜の方が若干ではあるが、時計が出やすくなったのは、馬場が乾いたためだろう。脚質的には差しが届くレースがある一方で、前めの馬同士の決着になるレースもあった。ただ、先行決着のレースは道中のペースが遅いレースが多かった。適度に流れる競馬なら差し馬も届いていた。ただし、時計が掛かるレースが増えたからと言って、馬場そのものが差し有利になって来ているとは言い難い。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておく。先週は雨の影響が残っていた はずだが、大きな動きはなかった。6日間全て良馬場発表の芝よりも、3週目の先週は日曜の後半までが稍重発表だったダートの方が安定しているという点は注意が必要。
 脚質的には先々週よりも、前めの馬が粘る競馬が多かった。要因としては、時計の出方が少し速くなった事と芝同様、比較的ペースの遅いレースが多かった事が挙げられる。
馬場差一覧

■タイム分析
2013/12/15 (日)  芝=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 カメット    牡2 未勝利 1:11.3 +1.1 ± +1.0 +0.1 90   E E
5R T2000 アドマイヤデウス    牡2 未勝利 2:04.5 +2.0 -0.8 +1.0 +0.2 90   S C
6R T1600 グレナディアーズ    牡2 新馬 1:38.2 +2.1 -0.6 +1.3 +0.2 87   S C
8R T1600 ダンツクロノス    牡3 500万下 1:34.7 +0.1 ± -0.1 +0.2 101   C C
9R T1200 ワキノブレイブ    牡3 高砂特別1000 1:09.6 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D D
10R T1800 ゼロス    牡4 元町S1600 1:48.1 +2.2 -0.4 +1.6 +0.2 84   S C

2013-12-15 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 カシノボルト    牡2 未勝利 1:14.4 +1.0 ± +0.9 +0.1 91   E D
2R D1400 トータルヒート    牝2 未勝利 1:26.3 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C D
7R D1200 ベストルーラー    牡2 500万下 1:12.6 -0.1 ± -0.2 +0.1 102 C C
11R D2000 ナムラビクター    牡4 ベテルギ 2:04.6 +0.8 ± +0.7 +0.1 93   D C
12R D1800 クリノヒマラヤオー    牡3 1000万下 1:54.1 +1.8 -0.5 +1.2 +0.6 88   S C

         

■ワンポイントアドバイス
ライアン・ムーア
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。