Victory Road

DMM.make DISPLAY

2014/01/12 (日)
2014年1回京都4日目

■馬場コメント
 2週目の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日曜がマイナス0秒6、月曜がマイナス0秒5だった。ここまで5日間の馬場差について振り返っておくと、全てマイナスの数値。ただ、マイナス1秒0だった開幕週と比較すれば先週は水準に近づいた。
 こちらも水曜から木曜にかけて雨が降ったが、その影響が残った事と内が徐々に傷み始めた影響で1週目より時計の掛かる馬場となった。ただし、そうは言ってもこれで大体例年の1回京都と同じぐらいの馬場差。なお、内が傷み出すのが意外に早くて1週目に比べれば内有利でもなくなっていた。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラス0秒1、月曜がプラス0秒3だった。ここまで5日間の馬場差について振り返っておくと、先週土曜だけはマイナスの数値だが、大きな動きはなく水準に近いレベルで推移している。
 水曜から木曜にかけて雨が降り、気温が低くてさらに金曜日には凍結防止剤が入った事もあって、乾くのに時間がかかった。そのため土曜は重馬場でスタート。途中で稍重に変更され、日曜は終日稍重。そして月曜は良まで戻った。馬場差は乾くにつれて少しずつ時計が掛かったというもので、非常に自然なもの。なお、土曜は途中で馬場発表が変更されているが、馬場差は1日を通した数値となっている。また、重から稍重と言っても極端に速い馬場ではなかったという点は記憶しておくてください。そして日曜と月曜は1週目と同じ馬場差だった。1週目と同様に逃げあり追い込みありとバラエティに富んでいて、何か偏りがあるというそういう馬場ではないが、普段は大体先行が断然有利の京都ダートにしては、差し・追い込みが決まっているという状況。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/01/12 (日)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2200 ディルガ    牝3 未勝利 2:16.1 +0.6 -1.1 +0.2 -0.7 98   C C
6R T1800 レッドルシファー    牡3 新馬 1:51.4 +2.4 -1.0 +1.9 -0.5 81   S C
9R T1200 シャッセロール    牝4 祇園特別1000 1:09.4 +0.7 -0.4 +0.7 -0.4 93   D D
11R T1600 ミッキーアイル    牡3 シンザンG3 1:33.8 -0.6 -0.5 -0.6 -0.5 106   B C

2014-01-12 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 アスカノロマン    牡3 未勝利 1:53.8 -0.5 ± -0.6 +0.1 106 B D
2R D1200 ビバハイタッチ    牡3 新馬 1:13.0 -0.2 ± -0.3 +0.1 103 B D
3R D1400 ディーセントワーク    牡3 未勝利 1:27.1 +1.2 ± +1.1 +0.1 89   E C
4R D1800 ケイティバローズ    牝4 500万下・牝 1:53.7 +1.1 ± +1.0 +0.1 90   E D
7R D1200 グランプリブルー    牡5 500万下 1:12.2 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C C
8R D1900 レッドサクセサー    牡4 500万下 1:59.7 +0.5 -0.6 -0.2 +0.7 102   C D
10R D1400 ワイドバッハ    牡5 羅生門H1600 1:24.1 +1.0 ± +0.9 +0.1 91   E C
12R D1400 アルボナンザ    牝4 1000万下・牝 1:24.1 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C D

         

■ワンポイントアドバイス
一方、京都ではディープインパクト産駒が勝ちまくり

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。