Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2014/01/19 (日)
2014年1回中山7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒2だった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておく。昨年の最終週は雨の影響で時計が掛かった。今年に入っても全てプラスの数値だが、水準に近いレベルで大きな動きはない。
 今年に入ってからの推移で言うと、雨の影響があった3日目を除けば、開催が進むにつれてごく緩やかに時計が掛かるようになっているという事。先週は土曜の深夜に雪が降ったが、芝に関してはその影響はなかった。今週も引き続きCコース使用で、速い時計は出にくくて外からの差しが決まりやすいという傾向がそのまま続くはず。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス1秒5。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3だった。ダートもここまで10日間の馬場差を振り返っておく。まず1800mは昨年最終週、そしてこの開催3日目・4日目はマイナスゾーンだが、他の日はプラスで、週によってあるいは開催日によって時計の出方はかなり異なる。1200mは時計が掛かるという程ではないものの、先週は暮れの開催2週目以来プラスの数値になった。
 特に1800mで土曜より日曜の方が時計が掛かったという現象だが、まず土曜日のダート、これは見た目からして砂が黒っぽくて、含水率が高いことがわかった。そうは言っても1週前よりは時計が掛かっているが、凍結防止剤の効果で1週前の雨で湿った馬場が急激には乾かなかったという事だと思う。そして日曜だが、砂が見た目からして白くて土曜よりは乾いていた。さらに日曜日は風が強くてその影響もあって、土曜より時計が掛かる馬場になったという事だと思う。
 土曜日の6Rこれが1着から3着まで差し・追い込み馬だが、前半と後半で4秒以上差がある超ハイペースだった。1200mで極端な差し決着となったのは、このレースだけだが、日曜の1800mこれは時計が掛かって、バテやすい馬場だったという事もあって上がりが掛かった結果、差し馬が上位に来るというレースが目立った。
馬場差一覧

■タイム分析
2014/01/19 (日)  芝=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
6R T1600 ラジオデイズ    牡3 新馬 1:37.0 +0.6 ± +0.4 +0.2 96   D C
10R T1800 フェスティヴタロー    牡5 初富士H1600 1:47.5 +0.3 ± +0.1 +0.2 99   C C
11R T2000 プレイアンドリアル    牡3 京成杯G3 2:01.1 -0.4 ± -0.6 +0.2 106 B B
12R T1600 ロベルクランツ    牡5 500万下 1:35.2 +0.2 ± ±0 +0.2 100   C D

2014-01-19 (日)  ダ=+1.5 / 1200m=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ネイティヴコード    牝3 未勝利 1:13.1 +0.1 ± -0.2 +0.3 102   C D
2R D1800 リサプシュケ    牝3 未勝利・牝 1:58.5 +2.6 ± +1.1 +1.5 89   E D
3R D1200 キョウエイボヌール    牝3 未勝利 1:13.8 +0.8 ± +0.5 +0.3 95   D D
4R D1800 ファドーグ    牡3 未勝利 1:55.9 ±0 ± -1.5 +1.5 115 A D
5R D1200 ニシノラピート    牝3 新馬 1:14.0 +0.8 ± +0.5 +0.3 95   D C
7R D1800 ヴィットリオドーロ    牡5 500万下 1:56.5 +2.5 ± +1.0 +1.5 90   E E
8R D1200 アルベルティ    牡6 1000万下 1:11.7 +0.4 ± +0.1 +0.3 99   C D
9R D1800 ワイルドドラゴン    牡4 初凪賞1000 1:54.8 +1.6 ± +0.1 +1.5 99   C D

         

■ワンポイントアドバイス
チチカステナンゴの分かりやすさ

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。